Z会幼児コース年少4月のぺあぜっと|はるのいちごパーティー

Z会幼児コース年少4月号のぺあぜっと(体験学習)は、いちごが取れすぎて食べきれない!

どうしよう!

という設定から始まる、簡単なお料理です。

火も包丁も使いません。

作ってみよう いつでも食べられるいちごのデザート

砂糖をかけたいちごを凍らせるだけの、簡単デザートです。

用意するもの

いちご1パック
ボール(いちごを洗う用)
砂糖スプーン1杯
ジップロック
キッチンペーパー

作り方

1.いちごを洗う
ボールにいちごを入れ、水を入れてジャブジャブ洗います。

2.キッチンペーパーで水気をふきます。

3.ヘタをつまんで取ります。
これは、子供の力では難しかったです。

4.ジップロックに入れ、砂糖も入れます。

5.砂糖がいちごにまんべんなく付くようにジップロックを振り、冷凍庫へ。

我が家ではここまでを夜にやり、翌朝のお楽しみとしました。
いつもは寝坊なのに、飛び起きてました。

6.カチカチいちごができた!
冷凍庫から出したばかりは、あめ玉並みの固さで噛むのも一苦労。
10分ほど置くと、歯ごたえありつつ、シャリシャリ食べられる固さになります。

砂糖をかけて冷凍すれば、いつでもおいしく食べられるね。

というオチで終了です。

ヘタを取る以外は、3歳の子供でも簡単にできました。

お子さんと一緒にお楽しみください。

スポンサーリンク