Googleを見習ってデスク一面をホワイトボードにしてみた

GoogleやAppleが、クリエイティビティ満載で、イノベイティブな組織であるのは

オフィスの壁が全部
ホワイトボードになっているから
wboardonfridge002

ということを聞きつけた夫が
「ウチにもでっかいホワイトボード置こうよ!」と言うのです。

ホワイトボードシートという選択

我が家には、でっかいホワイトボードを置くスペースなどない。

ホワイトボードになる塗料があるようだ。
けど高いし、乾くまでに3日?ムリだ。

ホワイトボードシートというのがあるよ。

そもそも狭い我が家、壁はほとんど家具で塞がってるよ。

そうだ!

デスクをホワイトボード化すれば?

そして
我が家にやってきました

マグエックス 吸着式ホワイトボードシート 中45cm×60cm

こちらは中サイズです。

サイズや品質、付属品など

見た目、質感、持った感じ
デスクマットそのものです。
wboardonfridge007

デスクマットとちょっと違うのは、折ジワが付くと消えないことです。
ダンボールを折った感じをイメージしてみてください。
結構簡単に二つ折り状態になるので、取り出す時は気をつけて下さい。
wboardondesk111

サイズは小から超特大まで5種類あります。

ひとりで簡単に取り回せるのは、大の90cm×60cmまででしょうか。

我が家のデスクは80cm×160cmです。
大を1枚か、中を2枚か悩みました

後々、ガラス窓に貼ったりもできるなと思い、中サイズを2枚にしました。

2枚をぴったり突き合わせられるかが心配でしたが、大丈夫でした。
こういうところに品質が現れますよね。
wboardonfridge004

ペンとイレーザー、トレーも付いています。
ちゃんと書けます。消せます、消えます。
廉価なものは、消えないものもあるみたいですね。
wboardonfridge001

貼り付けるのも簡単でした。
時間が経つほど、ぴったり吸着してくれます。
なのに、はがすのも簡単です。

貼ってみてどんな感じ?

お気づきの方もおられると思います。
中サイズ2枚じゃ、デスク全部を覆うことはできません。

実際はこんな感じです。(赤の部分)
面積にして半分にも満たないのですがwboardonfridge005

体感的には
「デスク全体がホワイトボード!」
wboardonfridge003

で、クリエイティブでイノベイティブになれそうか?

「なんか、描きたいなあー。」と思えます。

「広々真っ白なところで、思考の翼を広げよう!」みたいな。

なんのこっちゃ。

夫は、早速仕事してます。
お絵描きにはあまり興味のない息子も、電車を描きだしました。
「お絵描き帳を出し白いページを探す。」
という手間がなくなったのが良かったのかも知れません。
wboardonfridge067

我が家は
冷蔵庫一面もホワイトボードです