昔ながらのしっとりチャーハン もちろん包丁いらずです

世の中は、チャーハンパラパラ至上主義。

「パラパラにならないよー。私のチャーハン(-.-)」と嘆きの声があちらの家からこちらの家から聞こえて来る今日このごろ。
tya-han003

私も嘆きの声をあげつつ、しっとりチャーハンを食べる主婦のひとりでした。

でもね

しっとりチャーハン、おいしいよ

それに、子供の頃、出前で食べたチャーハンってしっとり系だったよね。

そうだ、そうだ!

しっとり系にしかできない茶わんをひっくりかえした盛付け、テンションあがったよね。
というわけで、包丁いらず、

卵としらすだけの簡単おいしいチャーハンの作り方

卵としらす、ご飯があればできるシンプルレシピです。

材料

温かいご飯 茶碗一杯分
卵 小さいの1個(大きい場合は、ご飯を増やす)
しらす 25g
塩・しょうゆ
tya-han005

作り方

1.卵をよく溶き、しらすと塩ひとつまみを入れ、よく混ぜておきます。
塩は気持ち多めがよいかと思います。
tya-han006

2.フライパンに油をひいて、強火にかけます。

3.熱くなったフライパンに、ご飯を投入、フライ返しでギュギュッとお好み焼きのように
押さえつけたら、すかさず1を上からかけます。
4.すかさず、卵とご飯をフライ返しで切るように混ぜます。
ひたすら手早く切る、切る、切る。
tya-han001

5.全体に混ざったら、しょうゆを回し入れ、再度よく混ぜます。
6.お茶碗にギュギュッと詰めて、お皿にひっくり返して盛り付けます。
tya-han023

常に強火で、すかさず、手早く、時間との勝負。

写真を取るヒマがありません!

焦げたしょうゆとしらすがいい味を出してくれます。

お気づきの方もおられると思います。
ご紹介した作り方は、世の「パラパラチャーハンの作り方」と同じです。

パラパラチャーハンのコツはご飯の炊き方にある

なんでパラパラにならないか?

パラパラにするには?
硬めに炊いたご飯を使えばパラパラになります。
チャーハンのためだけに、わざわざ硬いご飯を炊くのも、なんか違う気がする。

昔ながらのしっとりチャーハンは、あまったご飯でパッパと作る、家庭の味なのでしょう。
tya-han004