ありがとうトレダビ3年目ファイナル|トレーダーから投資家になる

株をやってみたいけど、夫の猛反対にあい、「それならバーチャル取引で実績を見せつけて、説得だ!」と意気込んで始めたトレダビ

15年間で65万人超の利用実績を誇り、株取引の初心者でも学べるバーチャル株投資シミュレーションゲーム。登録無料、現実の株銘柄を使うので知識が身につく。これから株を学びたい方、投資の腕を上げたい方もバーチャルトレードで投資力をアップ!
トレダビより引用

2015年の11月から始め、「3年は続けよう。」と決めたその満3年を迎えました。

株超初心者主婦がトレダビ一年やって思うこと
トレダビ2年目!在宅主婦は思う。投げたらあかん、損切りあかん?

四苦八苦のたうち回った1年目から一転、前半苦しんだものの後半余裕の2年目、ずーっと余裕すぎてつまらなくさえあった3年目。
ここで一旦区切りをつけることにしました。

めちゃくちゃお世話になりました。

トレダビ、ありがとう!

3年目の成績は全勝!負けないことが大切

3年目のトレード成績は16戦全勝!
503,761円のプラスでした。
3年トータルでは約187万円。

1年で16戦のトレードとは少ないと思われることでしょう。

「ここから上がる」と迷いなく判断できた時にだけトレード開始した結果、1年間で16回の売買となりました。

どのトレードも2%前後の小さな利益です。
負けないことが大切&欲張らずをモットーに、2%の利益があれば「ごちそうさま!」と利確しました。

1戦だけ例外がありました。

決算発表日にありがちな株価の乱降下により、買ったその日に10%もの含み益が発生し、トレダビのデイトレランキング10位にランクイン!

ちなみに、がんっ!と下がるのは予想していて、「この値段で買えたらラッキー。」とかなり安いところで指値していたのが買えたのです。
ただ、下がった30分後に10%も値が上がるとは思いもよらないラッキーでした。

気を良くした&忙しかった私はしばらく放置していました。

1週間後、発覚したのが・・・。

10%の含み損!

ちなみに東証1部の発行株式2億株以上ののんびりした銘柄です。
ふだんは乱降下するような株ではありません。

「決算発表日の売り買いはするな」「忙しい時は相場を休め」と言われますが、身をもって知りました。

1つの銘柄の値動きのみ毎日追い続ける

3年目は、1年目からずっと追い続けているとある銘柄1つのみを売買しました。

当然値動きのチェックもその一銘柄のみです。
為替とか経済指標とか他の情報は一切遮断。
いろいろ見て考えるだけの時間も頭もありませんし。

2年以上値動きを追い続けていると、「この辺でリバるだろう。」とか「決算発表の日は急落するから下の方で指値しとこう。」とか判断できてきました。

「それなら、過去のチャート研究すれば同じじゃん。」と思われるでしょうが、違うんだな。

毎日自分の目で観察しつづけることが大事。

こうして私なりにトレードのコツ?を掴むと、急激にトレードがつまらなくなりました。

飽きた。

トレダビのバーチャル取引でやってきたことを、実取引でやれば楽におこづかいが稼げるのは明白なのですが、ぜんぜんやる気が起きない。

新しいことがしたい。

こんなこと言ってるからお金が貯まらないんだな・・・。

そして

米国株投資を始めました

中短期で売り買いをするトレードはつまらないなあと思いました。
種銭がいっぱいあって、1回で100万とか稼げたらまた違うのでしょうが。

そんな折、「近未来はこうなる!」という予言書、拡張の世紀を読みました。
荒唐無稽SF的な話ではなく、実在の企業が今どんなことをしているのかを取材し、そこから検証した近未来の様子が描かれていました。

「未来を創造し、世界をけん引していくのはアメリカの企業なのね。」と思いました。

「AI分野が爆発的に発展し、IT産業の伸びは天井知らず。」とも感じました。

そしてアメリカのIT・AI関連企業に投資することにし、いくつかの株を買いました。
最低5年は売りません。基本的には売りません。

毎日の値動きなぞ全く気になりません。

がっくりんこと下がってニュースにでもなったら買いチャンス!
(マイナーな株なので上がっても下がってもニュースにはなりませんが)

3年間トレダビでトレードし続けた結果、トレードに飽きて長期投資に目覚めました。

トレダビ、ありがとう!さようなら!

スポンサーリンク