包丁いらずすぐできる簡単おいしい鶏つくね鍋

今日は、我が家のヘビロテ殿堂入りメニュー鶏つくね鍋をご紹介します。
toritukune1

ふわふわのつくね、お出汁がしっかり染みたはるさめに、シャキシャキのもやし。
夫も子どもも大好き、簡単時短レシピで節約にもなる、私もニコニコな家族円満の一品です。

材料
鶏ミンチ 300g
絹こし豆腐 150g
塩 小さじ1
片栗粉 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
すりおろしたしょうが 小さじ1
ゴマ油 大さじ2
だし汁 500cc
酒 みりん しょうゆ 各60cc
もやし 2袋
はるさめ 80g
toritukune2

作り方
1.鶏つくねの種を作ります。
鶏つくねの材料、鶏ミンチからゴマ油までを
ボールに投入し、コネコネします。冷蔵庫に入れておきます。
toritukune3

2.だし汁500ccと酒・みりん・しょうゆを
鍋に入れ、沸騰させます。
3.沸騰している2へ、1のつくねの種をティースプーンですくって入れます。
toritukune4

4.入れた種が浮き上がってきたら(火が通った証拠です)
もやしを入れ、フタをし5分ほど火を通します。
5.はるさめを入れ、フタをして5分、はるさめが柔らかくなったら出来上がり。
toritukune5
toritukune6

コツは、特にありません。ヤッタ。
おろししょうがは、面倒でもしょうがをすったものを使ってください。
包丁いらずの料理に大活躍のしょうがチューブだと
なぜかしょうがの風味がしません。10cmくらい大量に入れれば大丈夫かも。

はるさめの代わりに、マロニーやくずきりでもおいしいです。
ただし、作り置きすると、マロニーやくずきりはお出汁を吸い尽くし
ブヨブヨに大増殖、冷えるとくっついて美しさに欠けます。

もやしの代わりに、包丁を使ってしまいますが
白ネギ2本、白菜1/4を入れると、もっと鍋らしくなります。

我が家も、包丁を出してきて、白ネギ&白菜バージョンを作ることが多いです。
おから夫人の名がすたるわん。