白玉団子 冷やし釜揚げ白玉 そのまま冷蔵庫で保存もできるよ

包丁いらずの料理、今回はきな粉大好きな皆さんにお送りします!
その名も、冷やし釜揚げ白玉です。

お団子は、みたらしにしたり、アンコと食べたりイロイロな食べ方がありますね。
私は断然、きな粉派です。きな粉大好き!きな粉を食べるために団子を食べる感じ。
shiratama003

冷やし釜揚げ白玉の作り方

材料

白玉粉 150g
豆腐 150g
白玉粉とお豆腐は同量です。豆腐の大きさで白玉粉の量を調節してください。
きな粉 砂糖 1:1の量で混ぜておく

作り方

1.白玉粉と豆腐を混ぜて、コネコネします。
豆腐によっては水分が多いので、一度に全部入れず様子を見ながら加えます
耳たぶの硬さにコネ上がったらO.K.です。
私は、生地が手にくっ付くかくっ付かないかくらいの状態を目指しています。
固い場合は、水をほんの少し加えてコネてください。
shiratama007

shiratama00910
2.鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。
ボールに氷水を用意します。
shiratama01121

3.生地を手のひらで丸め、指先で押さえて平たくします。こんな感じ。
shiratama013

4.沸騰したところへ投入。
鍋の底に沈みますが、浮き上がってお湯の中で踊るようになれば出来上がりです。
お玉ですくって氷水の中へ。
浮き上がった団子は速やかに、すくってください。
いつまでも茹でていると溶けてきてツルっとなりません。
shiratama01615

5.こんなにできました。冷やし釜上げ状態です。
みたらしにしたり、アンコをトッピングする方は、ザルに上げてください。
shiratama0012

6.きな粉派の皆さんは、冷やし釜揚げ白玉のまま、きな粉と一緒に食卓へ。
きな粉がよーーーーく絡みます。きな粉好きにはたまりません。
いっただきまーす。
shiratama003
shiratama0045

残った白玉団子は水に浸けた状態で保存できます

食べきれない白玉団子は、水に浸かった状態で冷蔵庫に入れてください。
2日くらいは持ちます。ただ、団子の表面がブヨっとふやけてきます。
食べる時は、ざっと洗ってください。
shiratama006

子どもと作るおやつにどうぞ

コネる作業や丸める作業は、小さなお子さんも一緒にできて喜びます。
私の観察では、3歳さん以上は手のひらでコロコロ丸めることができます。
それよりオチビさんだと、なぜかできません。

丸めずに、ちぎって茹でるだけでもそれなりにおいしくできます。
我が家の息子は、お味噌汁に入れてやると喜びました。
冷やし釜揚げ白玉、作るのも保存するのも簡単です。お試しください。