幼児が片付けやすい収納をニトリの棚で無印風に作ってみた

ほんの数年前まではキレイに片付いていた我が家。

息子の誕生とともにモノが爆発的に増え、プチ汚部屋になりました。

なぜか日々増えるモノ達、片付ける気力もわきません。

しかし!

片付けもしつけのうち。

息子が片付けられないアンポンタンにならないよう、「収納棚を作ってやらねばぁ~。」と悩むこと1年以上。

子どものサイズに合った、これ!と思う棚がないのよね。

保育園向けの家具でも買う?

息子のモノは床に散乱。

苦悩すること1年以上。

先日なんとなく入ったニトリで、あっさり解決しました!

子供が片付けやすい棚をカウンター下に作ってみた

こんな感じです。

1.ウッドシェルフ60×30×38 ありそうでなかったサイズ

カウンター下高さ70cmほどを、2段にざっくり分けるための棚を探しました。
高さ38cm、奥行き30cmで理想のサイズでした。

2.バスケット2つ 黒と白 色違いにはわけがある

バスケットが色違いなのは理由があります。

「黒い方にあるよ。」とか
「白い方に入れてね。」とか

息子に指示しやすくするためです。

黒にはシャツと靴下、白にはTシャツとズボン3組を入れてあります。

一つのバスケットに入れるモノは2種類まで。

それ以上だと、息子が管理できないでしょう。

服はもっとたくさんありますが、やはり息子が管理できる範囲で3組だけ入れています。

また、バスケットはモノが埋もれないように浅いものにしました。

深いと、下にあるものが見えない→ないも同然となってしまうので。

3.ワイヤーバスケット 空間利用できます

浅いバスケットでできてしまった上の空間には、ワイヤーバスケットをセット。

奥に入ってしまうと取り出しにくいのですが、空間利用を第一に考えました。

ハンカチ類と薬を置きました。

4.ブックエンド 可動式の仕切りとして

仕切りを兼ねた本立てです。

図書館から借りてきた本の置き場所でもあり、衣服とそれ以外を分ける仕切りの役目も。

位置は自由に決められるので、置くものが変わっても対応できます。

息子に合わせた収納方法

本の横のカゴはパンツ入れです。

たたんで並べるのはまだ難しいので、投げ込む方式を採用。

カゴ自体は、私のひいおばあちゃんが編んだもの。
100年くらい経ってるはず。
ささくれなど一切なく、丈夫すぎー。

パンツのとなりは、パジャマor明日着ていく服置き場です。

風呂上りにパジャマを着たら、明日着ていく服を決めて置くことにしています。

服の好みがうるさい息子、朝の忙しい時に言い争いしたくないからです。

右半分の棚には、丸いカゴの中にレインコートと月一で使うエプロン、Z会の教材をならべています。

Z会の教材は普通に立てておくと、表紙が見えない→ない→やらない、になってしまうので。

あいたところは考え中。

1年以上悩んでいた息子用の収納棚、ふらっと出かけたニトリであっというまに解決。

息子も自分のモノがきれいに並んで嬉しそうです。

ニトリ、お出かけください。

付けたし。

ニトリが無印風になっていてびっくりした

「無印高いし、ウチはニトリで我慢しよ。」と思って久々に出かけたニトリでした。

入ってびっくり。

家具はそれなりにニトリでしたが、こまごましたモノは無印風?IKEA風?なものがいっぱい。

ウハウハしてしまいました。

こじゃれた絵なんかもあったな。

皆さんもニトリでウハウハしてみませんか。

スポンサーリンク