ずぼら主婦集まれ!家計簿つけない人だけができる超簡単貯金の方法

毎月稼いだ分だけきれいさっぱりペロッと使い切っている我が家の家計。

家計簿つけてません。

財布の中身もぜんぜん把握してません。
無くなったらコンビニでおろせばいいし。
今はATM手数料ゼロにするワザもたくさんあるし、便利な世の中じゃ。

一応、月末の銀行残高と前月比だけ調べます。
ここ2年ほど、前月比微減がつづいています。

つまり微赤字つづき。

でも、改善する気もありません。

ここまで読んで、「なんか安心したっ。」って思っていただけました?

こんな私が4週間ほど前から貯金を始めました。

家計簿つけない主婦だけができる超簡単貯金術

毎日お財布から500円玉を抜いて、貯金箱に入れるだけです。

いわゆる500円玉貯金。

何も難しいことはありません。

コツをあげるとすれば、支払はできるだけお札で豪快に済ませて500円ゲットの機会を増やすことだけ。

ずぼら・適当が美徳になる500円玉貯金!

これって、ちゃんと家計簿つけてたらできないんですよ。

財布の中の残金を常に把握できている人にも難しい。

ATMでチョコチョコ現金おろすのは罪だと思っている人にも向きません。
そういう人は、せっかくゲットした500円玉を支払に使って崩してしまうし、ちょっと足りなくなると貯金箱から拝借してしまうからです。

4週間で貯まった500円玉は14枚、7,000円

多いのか少ないのかよくわかりませんが。

個人商店での支払いなんかだと、できるだけおつりのないようにって思って500円使ったりしてました。

あと何日も500円玉を貯金箱に移すのを忘れ、5枚くらい貯まって財布がパンパンになり、思わず使ってしまったりとか。

現金がなくて、カードが使えるところはたとえ300円でもカード払いにしたりとか。

ちなみに私はわりと現金派です。
現金しか受け付けないスーパーや個人商店の常連だからです。

4週間続けてみて気付いたことがあります。
するどい方は、ここまで読んだらお気づきかと思います。

500円玉貯金は貯金ではない

財布から現金がなくなったら迷わずATMへ行く私です。
ATMでお金を出してふと思いました。

この4週間、500円玉貯金してなかったら財布の中にはまだ7,000円余計に入っていたはず。
銀行口座から引き出すお金も7,000円少なく済んだはず。

そうなんです、銀行口座にあるべきお金が貯金箱にただ移っているだけ・・・。

なんかむなしい気が。

でもそんな気分もすぐふっ飛びました。

貯まったら今までと違う方法でお金を使ってみたい

「銀行の預金口座からは消えてしまった”ない”お金なのだから、好きに使ってしまおう!」と思いました。

普通ですよね。
普通すぎる。

それに。

我が家は365日欲しいものをパッパッパと買って消費しています。
庶民なので、規模はささやかですが。

そんなわけで、500円玉貯金で欲しいものを買うというのはあまり意味がありません。

どうしたもんかと考えました。

画期的お金の使い道がありました!

なんとなく欲しいけど怖くて買えてないものが一つだけありました。
しかも数万円から買えるもので、浪費や刹那的消費とは違う香りのするものです。

それは。

株式。

2015年からチャートだけは観察し続けています。
でも損するのが怖くて一歩が踏み出せない、株式購入。

銀行口座から消えた”ない”お金なら、株に変えられそうな気がする。

株はもうやってる or 株なんか興味ないですか?

それなら

生活に変化をもたらすものに使おう

なんか抽象的で意識高い系の題名でスミマセン。

どっかのブログ?ツイッター?で読んだ気がする。
アップルコンピューターが言いそうな文句だ。

生活に変化をもたらすものって何でしょうね?

これなんかどうでしょう。

「今日の天気は?」って話しかけたら教えてくれるスマートスピーカー。
「〇〇買いたい。」って言えばAmazonでのお買い物もできちゃうらしいです。

5,980円。
私の500円玉貯金7,000円。

買っちゃおうかな?

スポンサーリンク