超簡単晩ご飯・味付けの失敗なし!手抜き感ゼロ!栄養士も絶賛!

朝からお出かけ帰宅するのは夕飯時という、専業主婦としては後ろめたいスケジュールの日に、パッと用意出来て、調味料もお酒とオリーブオイルを適当に回しかけるだけでO.K!
味付けの失敗ゼロ!
なのに手抜き感もないヘルシーメニューをご紹介します。

材料を冷蔵庫から出して、調理が終わってコンロの火を消すまでで15分、出かける前に出来て帰って来てからは温めるだけです。

キャベツと鮭の蒸し煮

ざく切りにした材料をフライパンに放り込んでフタをして火にかけるだけ。
野菜炒め用のカット野菜を使えばざく切りの手間も省けます!

材料は3つ&調味料2つ

1.鮭の切り身(甘塩)4~8切れ
2.キャベツ小 1/2
3.玉ネギ 1個
4.酒(ワインでもいい)と
5.オリーブオイル

作り方 3ステップ

1.キャベツはざく切り、玉ネギは縦半分に切ってからスライス(少々分厚くてもO.K.)

2.キャベツ玉・ネギ・鮭の切り身の順にフライパンに重ねる
画像は、キャベツ・玉ネギ半量・鮭の切り身・玉ネギ半量の順に重ねています。

3.オリーブオイルと酒を回しかけ、フタをして、湯気が上がるまでは強火、湯気が出てきたら中火で7分ほど蒸し焼きにする。

できあがり。

お酒は70㏄くらいたっぷり目にいれてください。
少ないと焦げます。
お酒もオリーブオイルも、多く入れる分にはまったく問題ありません。

調理後、そのままフタをとらずに放置、お出掛け。

帰ってきたら、そのまま火にかけて温めます。

鮭の切り身から出る塩気と旨みで、キャベツもいい感じに味が付きます。
味付けに気を遣わなくていいんです、いいね!

野菜モリモリ&お魚でヘルシーですし。
鮭って子供も好きですし。

この世で最高の超簡単メニューじゃないでしょうか?

一緒に出すおかず2品&デザート

レンチンのシュウマイ

パック入りのコーンスープ(夏は冷蔵庫から出したままで、冷製スープを気取る)

ブドウかリンゴ

温め&レンチンしているあいだに、ブドウを洗ったり、もうちょっと頑張ってリンゴの皮をむいたりして食後のデザートにします。

病院の栄養士さんも絶賛の一品なのです

妊娠中に糖尿病判定されまして、栄養士さんの食事指導なるものを受けたことがあります。

1週間に食べたものを写真に撮って見せ、ダメ出しをいただくひとときなのですが、このキャベツと鮭の蒸し煮は「コレいい。コレいい。簡単だし。コレいい!」と絶賛されました。

そして、「今度の研究会でコレ発表していい?」と言われました。

ただ、「鮭の切り身は半分だけにしなさい。」と指導されました。

なんでも、1食にタンパク質(肉とか魚)はトランプ一組分のサイズって決めると、簡単に食事制限できるとか。

トランプ一組って、鮭の切り身半分くらいですかね。

寂しいですね。