ヘイワ(ピース)圧力鍋で花が咲くおいしいおかゆを炊く為のメモ

「家で作るおかゆって、ただの煮えすぎたご飯になるよね?」と思っていました。

ヘイワ(ピース)圧力鍋でおかゆを炊くまでは。

以下、本場?中国で食べた花咲くおかゆが超簡単に再現できるレシピ、公開します。

花が咲くおかゆの材料

米 1カップ

水 7カップ

塩 少々

米と水は1:7 
これが、ホテルのバイキングで出てくるような万人が認める「The・おかゆ」な硬さになる気がします。

花が咲くおかゆの作り方

1.米を洗います。

2.内鍋に米と米の7倍量の水を入れます。

3.圧力鍋に500㏄ほどの水をいれ、2の内鍋をセット。

4.軽い方のおもりで加圧10分。
その後、自然放置。
20分ほどで圧が抜けます。

米粒が割れて花が咲いたおかゆのできあがり~。

これ、普通に鍋でやったら1時間、鍋を常に気にしながらの作業になります。

その点、圧力鍋は超ラクチン。

おもりがシュッシュ言い出したら、10分のタイマーをオン!
10分経ったら火を消してしばらくほっておくだけ。

米の旨さはダントツ!ヘイワ(ピース)圧力鍋

圧力鍋歴10年以上、使った鍋はヘイワが3つ目の私が断言します。

白米・玄米・おかゆ、お米がおいしく炊ける圧力鍋はヘイワ!ピース!

業務スーパーの安っすいお米でも、甘味・旨味マシマシでめちゃおいしくなります。

特に炊き立ては絶品!
食の細い息子も、人が変わったようにバクバク食べます。

旨さの秘密は内鍋のはず

内鍋を水をいれた本体の圧力鍋にセットして炊くというのが、そのダントツのおいしさの秘密のようです。(理由はわからない)

後片付けも、超軽い内鍋だけ洗えばいいので、超ラクチン。

実はヘイワの圧力鍋を買ってすぐは、内鍋を使わずに炊飯していました。
「チークについてくる粗悪なブラシ」程度の余計な付属品だと思ってたもんで。

軽いおもりだと硬いご飯になるし、重いおもりだとべっちょりしたご飯になるし、洗いにくいし、捨てるのも悔しいお値段だし、買ったことを大変後悔していました。

ある日、やけくそで内鍋使ってみたら、なんじゃこりゃ?

内鍋、サイコーだよ。
ヘイワ(ピース)圧力鍋の真髄は内鍋にあり!

でも、メーカーのサイトにドーンと出てくる画像、内鍋を使ってない玄米ご飯なのよね、やる気あるのかしら?

楽天

スポンサーリンク