クリスマスの簡単工作 まつぼっくりの不思議 幼児から大人まで楽しい

このペットボトルの中のまつぼっくり
どうやって中に入ったんでしょう?

自然の不思議!ペットボトルの中にまつぼっくりが

子育て支援施設の先生に、教えてもらいました。
息子が泣いて欲しがった、この不思議なペットボトルに入ったまつぼっくり。
クリスマスの飾りとして、一緒に作ってみました。
pinebottleart007

材料は3つだけ

  • まつぼっくり(できるだけ小さなもの)
    pinebottleart010
  • きれいに洗って乾かしたペットボトル(炭酸飲料の入った頑丈なもの)
  • 飾り付け用のマステやシール、リボンなど

まつぼっくりとペットボトルの選び方

まつぼっくりは、できるだけ小さいものを集めてください。
大きいものだと、ペットボトルに入ってくれません。

ペットボトルは電子レンジにかけますので
炭酸飲料の入っていた頑丈なもの
を用意してください。

作り方は簡単

  1. まつぼっくりを水につけます。30分ほどで、まつぼっくりが小さくキュっと閉じます。
    pinebottleart0089
  2. まつぼっくりの水分をよく拭き取って、ペットボトルの中に入れます。
    pinebottleart0012
  3. 電子レンジに30秒ほどかけます。様子を見ながら2,3回繰り返します。
    松のかぐわしい香りが~。開きました~。
  4. 水滴を取るために、新聞紙を入れて半日置きます。右、乾くとこんな感じ。
    pinebottleart0034
  5. ペットボトルをクリスマス風にデコレーションして出来上がり。
    pinebottleart005

気をつけること3つ

1.ペットボトルの中が汚れて湿っていると水滴がなかなか取れません。
45度くらいのお湯で洗い、水分をよーく切ってから、口を上にしておくと
早くキレイに乾きます。

2.閉じたまつぼっくりは、水分をよく拭き取ってください。

3.電子レンジにかけると、ペットボトルがかなり熱くなります。
長くかけると、ペットボトルが歪みます。
少しづつ、様子を見ながらかけてください。

晴天続きであれば、日なたに置いて1週間ほどで乾くようです。
今回は10日経っても閉じたままだったので、電子レンジにかけました。

超簡単→幼児でもできる 自然の不思議を感じる→大人も楽しい

まつぼっくりを水の中に入れたり、ペットボトルに落とし込む作業は
とっても簡単、1歳くらいの小さなお子さんでも楽しめます。

そして、水につけると閉じて小さくなり、乾くとまた開くという
まつぼっくりの不思議。大人もこどもも楽しめます。
簡単で大人も子供も満足、クリスマスの工作にいかがでしょうか?

スポンサーリンク