小児科の選び方・ママ友の評判を逆に参考にするのをオススメする。

息子が赤ちゃんのころから幼稚園に通うようになった今にいたるまで、新しく出会ったママ友とのもっとも当たり障りがないけれど、ママなら全員関係があって、かつお互いに有益な会話の切り口、それは!

「どこの小児科通ってるの?」

小児科医はたくさんいるけど評判のよい先生は数人

我が家の回りには小児科医院が乱立状態でして、ありがたいことに選び放題です。

それでも、「どこの小児科に通ってるの?」という質問の答えは3軒ほどに集約されます。

ママ友の評判が評判を呼び、極少数の小児科医院に人気が集中するのです。

皆がいいって言うし、皆が通ってるし、安心。

大切な子どもの健康にかかわることですから、皆が選んでいる先生に診てもらうという選択をして、安心を得るというのは親として当然かも知れません。

でも。

激混み&菌ウヨウヨの待合室で数時間待つのも当然なの?

予防接種を受けさせる小さい赤ちゃんや、風邪でぐったりとなっている我が子を、評判のよい=激混み=菌ウヨウヨの小児科に連れていくのはどうなんでしょう???

そんなとこに長時間居るなんて、健康でも病気になってしまいそう。

そこの先生に診てもらったらすぐに咳が治まるとかすぐに熱が下がるとか、そんなミラクルなことがあれば、激混みの待合室で数時間耐える価値もあるでしょうが、どの先生も診察や出す薬にたいした違いはありません。

ならば。

評判のよくない先生=空いてる小児科がオススメ!

我が息子のかかりつけの先生は、はっきり言って評判のよくない先生です。
というか、あまり話題にもならない。
そんなとこにそんな小児科医いたんだ、という感じです。

いつ行ってもガラガラです。
行ったらすぐに、待合室のイスにすわる間もないくらいすぐに、診察の順番が回ってきます。

3つくらい隔離室?があって、風邪の場合は診察後会計が済むまで親子で隔離されます。
菌がウヨウヨ舞ってそうな、患者でギュウギュウな空間はひとつもありません。

子どもの目に魅力的な絵本やおもちゃが転がっているのですが、そんなもの手に取って眺めているヒマなど一切ないくらい、診察も会計もすぐに順番がやってきます。

こんなガラガラの小児科のそばの薬局もガラガラ、すぐにお薬がもらえます。

親も子も体力・時間をムダにすることなく、ノーストレス!
病院通いでグズられた経験は一度もありません。

評判のよくない先生、サイコー。

ぶっきらぼう・適当な先生=ちゃんと診てないのか?

評判がよくなく、いつもガラガラの小児科医院の先生、ぶっきらぼうです。
早口でボソボソと何言ってるかわかりません。

診察もめっちゃ適当感あふれる時があるし。
何か別のもっと気がかりなことがおありなのでしょう・・・。

ウチの息子の咳はどうでもいいの?

そう、どうでもいいみたいです。
先生なりにちゃんと診た上で、どうでもいいと判断されているようです。

たいしたことないどうでもいい風邪なので、ぶっきらぼうに適当になるんですね。

先生の頭の中は、「風邪、ただの風邪。風邪の3点セット処方しとこ。風邪くらいでカルテ書くのも面倒くさ、オレは忙しいねん。」ってな感じなのだと思います。

私は見た!ぶっきらぼう・適当な先生がそうでなくなる時

いつにも増してボソボソ何言ってるかわからないし、なんで開業医やってんだろ???と思いつつ息子と会計待ちしていたある日のこと。

滑舌はっきり、よく通る声が聞こえてきました。
一瞬耳を疑いました。
先生、ちゃんとしゃべれるじゃ~ん。

入院がどうとかこうとか、入院先に手配しておきましたとかなんとか。
とても深刻そうなお話でした。

やる時はやるんだな、と思いました。
イザという時の力を温存するために、通常運転はチョー適当なんでしょう。
評判(=自分に対するママ達の評価)なんてどうでもいいんでしょう。

風邪なんてどうでもいいと思えるほど、修羅場をくぐられてきたのかも知れません。

この先生がボソボソ何言ってるかわからんうちは安心してよいのだなと思いました。

結論:ママ友の評判のよくない小児科医を選ぼう!

いつでもガラガラ待ち時間なし!
疲れません!
時間が有効に使えます!
ノーストレス!

評判のいい先生とのことは激混み!
長時間待たされます!
菌がウヨウヨ、感染の危機も!

「評判がよくない=ぶっきらぼう=ちゃんと診てない」ではない。

以上、「ガラガラの小児科医、すごくオススメ!」と力説しても誰にも賛同してもらえない私の叫びでした。

スポンサーリンク