排水口のゴミ受けがあれば三角コーナーいらない|ずぼらミニマリスト

洗い物はできるだけ減らしたい!

そんなずぼらミニマリストは思いました。

シンクの三角コーナー洗うの面倒。

それに、場所取ってじゃまだし、食器を洗っていると中に水が入ってよろしくないし。

そんな声にこたえて「三角コーナーいらず」という商品や、自立する水切り袋もありますが、洗わないといけない、場所取るという問題の解決にはならず。

楽天

楽天

高い専用袋を買うのも、もったいない。

そこで考えました。

排水口のゴミ受けカゴを三角コーナーの代わりにする

料理中に出た野菜のくずなどは、この中にどんどん落としていきます。

ゴミでもなんでも、落ちているものを拾って入れる動作より、下へ下へ落とす(or 落ちる)だけの方が、圧倒的に楽!

排水口のフタも取ってしまうと、さらに楽!

洗わなくていいし。

料理が終わって、もしくは食器洗いが終わって一段落したら、ゴミ受けカゴにたまった物を袋へ移します。

そして、

生ゴミは冷凍保存

生ゴミの入った袋はそのまま冷凍庫へ直行です。

生ゴミと食品を一緒に並べて保管することに、抵抗がないわけではありません。

けれどそのゴミもついさっきまで、自分が食べた料理の一部分だったわけで。

包丁で切り取ってゴミ受けカゴに入ったとたんに、バイ菌あつかいするのヘンかなと。腐って雑菌ウヨウヨというわけでもないので、いいかなと思うわけです。

空いたゴミ受けカゴは、つど洗う

生ゴミを移して空いたゴミ受けカゴは、食器を洗うついでに一緒に洗います。

そして、夕食後はカゴを洗うついでに、排水口も洗います。

毎晩洗うので、ヌルヌルも臭いもありません。
ひと手間ですけど、ヌルヌル・臭いのをためてイヤイヤするよりずっといいですよ。

ここで、あなたも思うはず、

ゴミ受けカゴ洗いたくない、バスケットいらずはどう?

排水口のゴミ受けカゴ洗うのがイヤな人に、「バスケットいらず」があります。

楽天

専用のリングに専用の袋をセットして、排水口にはめれば、カゴいらずという商品です。

カゴ洗わなくていい!便利!

しかし、消耗品の専用袋が高い。

ケチってパンパンになるまでゴミを貯めそうだ。

夏、臭そう。

それに、専用リングを洗う手間は残るのよね。

ゴミ受けカゴを洗うのもリングを洗うのも、一緒じゃない?

やっぱり、

排水口のゴミ受けカゴを三角コーナー代わりにして、貯まった生ゴミは冷凍保存が一番!

いいこと5つ

1.三角コーナーがない分、シンクのスペースが広くなる
2.ゴミを集めて入れるという動作が、落とすだけになり、楽になる
3.生ゴミの冷凍保存で、臭くならない
4.専用の袋もいらず、お金が掛からない
5.排水口のフタを洗わなくていい

いいことづくめだなあ。

お試しください。