我れ思う、40代ママコーデ、おすすめできない老けて見える色

先日、40代女5人の集まりがありました。

バイキング&気心の知れた仲間ということもあって、全員だぶだぶワンピ着用。
そして、色もなぜか私以外全員カーキ&ブラック。

ママのカジュアルコーデの鉄板「カーキ&ブラック」

子育て主婦には便利な組み合わせです。

こなれ感があって、悪目立ちせず、誰もが納得の組み合わせ。
ママ系ファッション雑誌には毎度掲載の、定番&人気の組み合わせ。

泥がついても、食べこぼしのシミがついたままでも目立たないし。

ただし!

私のような40過ぎて育児やってる高齢ママには、「絶対着たらアカン」組み合わせだなと思うに至ったのが、冒頭で紹介した同級生のファッションでした。

老けて見え過ぎ、カーキ&ブラックの40代同級生

はっきり言って、私以外皆、美人なんですよ。

なのに、会ってパッとみた瞬間思ったのが、「老けてる!ドヨヨ~ん。」
「あれ?もっとイケてるはずなのに、ナゼ?」

原因は間違いなく、「カーキ&ブラック」のコーデです。

おしゃれなレストランの一番目立つテーブルに陣取った40代カーキ&ブラック集団、見苦しくってゴメンナサイって感じでした。

カーキ&ブラックなママコーデが許されるのは36歳まで

いろいろ観察・調査した結果、カーキ&ブラックなファッションでも見苦しくないのは、36歳までです。

ただし!

「見苦しくない」ってだけで、見かけにおいて確実に損するコーデなのには変わりないです。(断言)

老けて見える以前に、何かがマイナスされる損な組合わせ

「老いの中にもいいところはある、若さ至上主義って賛成できない。」と常々思っている私。

「カーキ&ブラック」の40代同級生に対して抱いた、「それはアカン!」という感情。

なんかうまく言えないけど、老けてみえる以前に「魅力2割減」って感じなんですわ。

もったいない!

それでも「カーキ&ブラック」コーデを捨てられない40代のあなたへ、

宮沢りえでさえ、カーキ&ブラックなママコーデはしない

あの超絶美人な40代ママの宮沢りえでさえ、カーキ&ブラックなママコーデはしてません。

彼女のコーデ全部チェックしたわけではないですが。
お子さんの運動会では、白のトップスに水色のワイドパンツでした。

あの超絶美人&女優オーラ全開(知らんけど)な宮沢りえでさえ、顔色が良く見える白と爽やかモードな水色を選んでいるんですよ!

しかしながら、何事にも例外があります。

例外にはワケがある、高い服は違う

カーキのパンツスーツがとても似合う60手前の従姉がおりまして。
カーキの色が、彼女のキラキラ感を引き立てるんですよ。

「アラカンなのに、カーキなのに、なぜ?」

3シーズン観察してわかりました。

スーツの仕立てが上等なの!
生地が上等なの!
高い服なの!

だからやっぱり、ユニクロ・GU・しまむらがメインのママコーデに「カーキ&ブラック」は厳禁なんです!

納得していただけましたか?

スポンサーリンク