幼児にユーチューブがよくない理由は簡単

このブログではすでに、

幼児のYouTube依存の悪影響って?|やめさせると即いい子になった!

という記事をすでに投稿しておりまして、やめさせることになった経緯や、やめさせ方、やめた後の息子の様子などを書いています。

けれど。

「YouTubeの何がどうしてダメなのか?」というのが、↑のような記事を書いておきながらイマイチはっきりしませんでした。

はっきり言えるのは、「YouTubeを見ていた時の息子は悪いヤツで、見なくなってからは急激によい子になって助かった、よってYouTubeは悪者!」

「理由はわからないけど、YouTubeやめさせたら息子が良い子ちゃんに!一件落着~。」でよいんだけど何か釈然としませんでした。

ところが最近になって。

5歳になった息子の家での過ごし方を見ていて「これだ!」とひらめきました。

YouTubeは時間を奪う、YouTube以外の活動機会を奪う

我が家にはYouTubeはもちろん、テレビさえありません。

そんな家の中で息子がすることは何でしょう?

落書きをする
折り紙をする
レゴをする
ラジコンで遊ぶ
家事の邪魔手伝いをする
本を読んでもらう
本を眺める

と、いろんな活動をするわけです。

YouTube三昧だったころは、これらの多様な活動はほぼゼロ。
タブレットの前でボケーっとすわって時がひたすら過ぎる人生だったのです。

YouTubeに時間を人生を奪われていたのです。

他にやることイロイロあるやろ!

そのイロイロが、YouTube一色になってしまう。

キャー。

YouTubeからいろいろ学ぶお子さんもいるようです

YouTubeを見て、折り紙の折り方とか新しい言葉とか遊び方とか、次々と覚えておりこうさんになるお子さんもいるようです。

でも我が子は違いました。

動画から流れてくるチカチカした画像と音に圧倒されるばかりで、ひたすらボケーっ。
本で読みきかせたことは覚えているのに、YouTubeで言ってることは何も覚えません。

「ウチの子はYouTubeでイロイロ覚えて実生活でも役立ってる!」と言い切れる方はそれでいいと思います。

我が子がYouTubeで覚えたのは「ヒカキン」のみ

そうでない、YouTubeでひたすらボーっとしているお子さんの場合、YouTubeに時間と他の楽しいことをする機会を完全に奪われています。

マジ、魂抜かれますよ、YouTubeに。

我が子、「ヒカキン」という言葉と「ヒカキンの顔」だけはしっかり覚えてました。
ヒカキン、すごい。

スポンサーリンク