超簡単・快適!マンションの結露対策はセラミックファンヒーターだけでよい

安普請な賃貸マンション暮らしの我が家。

安普請に加えて地形的なものもあり、南向きのリビングにもかかわらず超絶寒い我が家。

一番寒くなる2月になると、エアコンを26℃に設定しても全然温まりません!

かと言って、ガスファンヒーターや石油ストーブは使いたくない!
結露とカビでとんでもないことになるのは、前住んでたアパートで経験済み。

そうして寒さに耐える5回目の冬。

「足元の寒さだけでもなんとかしたい。」と、夫が小さなセラミックファンヒーターを買ってきました。

コレ。
3000件近いレビューで★4.3てすごくないですか?

楽天

これ一つで寒い部屋から脱出できただけでなく、毎年滝のように流れていた窓の結露もなくなりました!

セラミックファンヒーターひとつで超快適!

小っちゃくて、ヘアドライヤーから出てくるような温風がボーっと音を立てて出てきます。
温風が出てくるところはドライヤー3つ分くらい。

こんなのちょっと足元温めるだけよねー、と全く期待してなかったのですが・・・。

エアコン26度設定でフル稼働させても寒かった12畳ほどのリビングが、劇的に暖かい
エアコンの設定温度は21℃で充分に!
なんなら時々スイッチを切るくらい暑い!
切って数時間後、「寒い!」ってなってまたスイッチ入れると即超快適!

我が家ではダイニングテーブル兼ワークデスクの足元に置いています。
たいしてデカくないテーブルで、家族3人の脚がゴソゴソしているところですが、全然ジャマにならないコンパクトさ。

どれくらいコンパクトかと言うと、A4が入るクリアファイルくらいの大きさ。
奥行きは、脇に抱えられるくらい小さいけどよく入るショルダーバッグてな感じです。

セラミックファンヒーターひとつで結露がなくなった理由

「マンションなのに南向きなのに寒すぎるリビング」という数年来の悩みも、小さなセラミックファンヒーター一つであっという間に解決して家族みんなハッピー。

6,000円の投資も安いものじゃ、と喜んでいたところ。

もう一つのすっかりあきらめていた悩みもあっさり解決してしまいました。

毎朝の滝のような結露が消えた!

たまに出来たとしても、窓の真ん中あたりに手の平くらいの大きさにちょっと結露するだけ。

ちょっと結露してしまった朝の前日の夜は、早めにセラミックヒーターを切ってしまっていたので、寝る直前、エアコンを切ると同時にセラミックヒーターも切るようにしました。

で、エアコンに加えてセラミックヒーターを使い始めたら結露が出なくなった理由なんですが・・・。

わかりません。
知りません。

きっとこれと同じ原理なのかな?
寒さ&結露対策として、窓際に設置するタイプのヒーターがあるのを発見しました。

暖めるというより、窓からの冷気を遮断して室内の温度差をなくし、暖房効率を高め結露も防ぐというコンセプトの商品みたいです。

お値段がなかなかなのよね。
1万とか3万とか。

これと同じような働きを6,000円のセラミックファンヒーターがしてくれたと思っています。

気になるセラミックファンヒーターの電気代
去年の2月と比較してみた

結論から言うと、我が家の2月の電気代は昨年の2月と同じでした。

セラミックファンヒーター分の電気代が増えたものの、エアコンの設定温度が26℃から21℃になってエアコンの電気使用量が減り、プラマイゼロになったと思われます。

ココ↓にある表によると、1時間あたり16円~32円ほど。
エアコンの3倍から6倍、ガスや石油など他の暖房器具と比べてもダントツに高いです。

ファンヒーターとエアコンで1時間あたりの電気代はどっちが安い?

エアコンのように電気代が安くても、暖かくなければ意味がありません。

安くて暖かくてもガスや石油ファンヒーターのように結露の原因になるのでは困ります。

かといってセラミックファンヒーターだけだと電気代が怖い・・・。

暖かくて結露も消える、電気代の安いエアコン&超高いセラミックファンヒーターの合わせ技がベストアンサーですかね。

滝のような結露が消えるってね、ほんと魔法みたいです。

「こんなピンクとかブルーとか我が家のお洒落なインテリアには合わないわぁ~。」って方はAmazonでいろいろ出てますのでご覧ください。