叶匠寿庵の「あも」大好きな和菓子です

私のだーーーい好きな和菓子、それは
kanosyojuan-amo001

絶品あんこ叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)の「あも」

一見、粒あんを寄せた羊羹のような姿。
大納言小豆を使った、あんこ好きにはたまらないお菓子。

切ってみると、中から求肥がコンニチハ。

ぎっしり詰まった大納言小豆だけでも特別感ありますが、この求肥もまたスペシャル。

艶やかで、みずみずしいモチモチ感。
しかも、ビヨーーン、とろりん。
kanosyojuan-amo002

外側の粒あんも、寒天で寄せてあるのでしょうか。

水ようかんのような軽さがあり、お口の中でホロリとくずれます。
kanosyojuan-amo003

濃いお茶とお口の中でミックスするのが至福の時~。

賞味期限が長く贈答用にもおすすめ

そして、そんなおいしい和菓子に似合わない、長い賞味期限。
製造日から26日。

今回買ってきたものは残り15日でした。

何日にも分けて、至福の時を味わえるのが最高です。

贈答用にもおすすめ。

棹物って、包丁を出してきて切らないといけません。

もらうと「面倒だなぁ。」って思いませんか?

でも「あも」だけは別です。
包丁にくっついた求肥も、喜んで洗っちゃうよ。

季節限定の「旬あも」あります

和菓子らしく、季節に応じた

限定フレーバーがあります。

春は桜

夏は塩

冬は柚子 といった感じです。

過去のプレスリリースを読むと
毎年いろんなフレーバーが出るようですね。

2017年3月15日追記

あも(桜)をいただきました。

4月中旬までだそうです。

求肥の中に、桜の葉っぱの塩漬けが入っています。
桜の香りと塩気、粒あんが合わさって、たまら~ん。

2017年4月16日追記
桜の終わりか権威蓬(よもぎ)の限定フレーバーが売っていました
試食させてもらい、結局残り3つだった桜フレーバーを買って帰りました。
私的に、よもぎの香りがもっと欲しかったです。

塩味のあもが絶品です

私の知る限り、夏の塩味は毎年出ているように思います。
(2017年夏、塩味は作っていません。代わりに抹茶が出ました)

粒あんと塩、めちゃくちゃ合うんです。
小豆の味がググーっと前に出てくるんです。だーーい好き。

甘いものがあまり好きでない人も、いけるんじゃないかと思います。

年中作って欲しいなあと思い、あもを買うたびに、「塩味はないんですか?」と店員さんに詰め寄っている私です。

2017年7月24日追記

残念!2017年は塩のリリースはありません

ガーーン。
店員さんにしつこく食い下がりましたが、「今年は作ってない。」とのこと。

かわりに、抹茶フレーバーがありました。
全然売れてなかったよ。
見た目、抹茶フレーバーの方がキャッチ―ですけどね。

塩ファンとしては、はがっかり無念。
何も買わずに退散しました。

私みたいながっかり塩ファンが大勢いて、毎日詰め寄られているであろう店員さん。
「すみません」と言う余裕すらない無念の表情でした。

塩を切って、抹茶を押した責任者でてこーい。

投書しようかしら?

2017年9月1日追記

あも 抹茶をいただきました

ただの抹茶ではありません。
宇治抹茶です。

透明な求肥が不透明になるくらい、がっつり練り込んであります。
濃いお抹茶の色に期待が高まりますっ!

食べてみると。

ムん、色だけ??かも。。。

求肥に抹茶フレーバーが感じられないヨ。

お抹茶の草っぽい渋みと甘い餡のマリアージュを期待したんですけどね。

まったくないわけじゃないですけど。
この濃い抹茶色からすると、ずっこける感じです。

なんか普通のあもと変わらん気が。

来年は塩を作って欲しいなと思う私です。
あもを買いにいくたびに、店員さんに詰め寄っています。
私みたいなお客さん多数だそうです。

2018年夏、何が出てくるか楽しみだ!

2017年11月追記
あも 柚子をいただきました

うーーーーっすら黄色になった求肥。

求肥の中に細く小さくきざんだ柚子の皮が入っています。

ひと口噛んで柚子にヒットすると、柚子の香りと甘酸っぱさがお口に広がります。

甘い餡子に爽やかなアクセントです。

求肥の中にポツポツと散っている感じなので、スライスの仕方によっては柚子なしのただのあもになったりも。

10月中旬から2月上旬まで販売されます。

私は桜の次に好きです。
苦手な冬の楽しみです。

「あも」って何?

宮中の女官たちが使っていた女房言葉で
「おもち」を意味するそうです。
kanosyojuan-amo005

叶匠寿庵からたくさん出しているお菓子の中から、これを選んで一般名詞の「もち」と名付けるとは、かなりの自信作かと。

実際、この「あも」は叶匠寿庵の数あるお菓子の中でも、一番人気のようです。

「あも」のおいしい保存方法

常温だと切り分ける際に、まわりの餡がクチャっとくずれることがあります。
私は、紙袋に包んで冷蔵庫の野菜室上段に保存しています。

冬なら寒ーい廊下や玄関先に置いておくのもおすすめです。

楽天で似たのを見つけた 岸朝子さん推薦らしい

天皇陛下御献上の品で岸朝子さんも著書で紹介している、あもによく似たお菓子を、楽天でみつけました。

食べてみたい。

楽天