角栓の取り方|一番簡単でお肌に優しい方法を見つけた

角栓って皮脂の分泌が盛んな若者の専売特許かと思っていましたが、40過ぎてもたまにニョキッと生えてくるんですわ。

いらないんだけど。

そんないらない角栓が、フードコートやスーパーのサッカー台に置いてあるものでクルッと取れましたのでレポします。

「使い捨てカウンタークロス」で簡単優しく角質除去

アゴや鼻の下、眉間にひしめく白いニョキニョキ、角栓。

「一生懸命洗えばなくなる。」と信じて、必死に洗顔していたころもありました。

でも消えないよ。

ゴシゴシ洗えば洗うほどニョキニョキするんです。

なんででしょう?

この角栓の原因はざっくり「肌荒れ・肌の乾燥」

「肌荒れ・乾燥」、40すぎたおばさんの得意技!

私は10代のころからニキビできまくり、乾燥しまくり、赤ら顔でした。
石けんや化粧品はいろいろ試しました。

そして40手前でたどり着いた結論。

極力なにもしない!

石けんや化粧品で荒れてたんですもの・・・ガーン。

肌荒れ・肌の乾燥を防ぐ超簡単な方法

1.あまり顔を洗わない
2.洗う時は、ちゃんとした石けんでぬるま湯で手早く洗う

これだけで、乾燥具合はだいぶ改善されます。
いろいろ頑張って洗顔したり、化粧水やクリームに一生懸命だったの、なんなんでしょう?
化粧品会社の陰謀じゃーないの?

※詳しくはこちらをご覧ください※
6年前から朝の洗顔やめてます|脱洗顔のすすめ
肌あれの悩みさようなら!な石鹸スズケンピュアーソープもっと早く出会いたかった

上記のようなぐうたらな方法で肌の調子が人生最高な私です。

でも!油断するとできてしまう角栓

油断してちょっと熱めのお湯で洗ったり、たまの厚化粧でがっつり洗顔したり、季節の変わり目で急激に空気が乾燥したりすると、アゴに白いニョキニョキが発生!

「こんなヒゲ生やしたまま、明日のPTA総会行けない!」

「角栓、取ってしまいたい!」

しかしながら、角栓取ってもまた生えてくるだけです。

角栓、取ってはいけない理由

角栓の取り方はいろいろありますが、そのどれもが、先に申しました角栓の原因「肌荒れ・乾燥」をひどくするからです。

角栓の取り方いろいろとやってはいけない理由

角栓取れるの、快感ですよね~。楽し~。
でも肌にはよくないんです。

ベリッとはがす、角栓パック

角栓だけじゃなく、必要な角質までベリッとはがして肌荒れに。
10代20代の頃、たいへんお世話になりました。

ピンセット

毛穴ケア専用ピンセットのセットが売っています。
取れたら気持ちいいんだろな~。
しかし、こんな尖りまくったの肌に押し付けてたら、荒れるわな~。
時間もかかるし、今すぐ取って今すぐ出かけたい場合には無理。

コメドプッシャー

形いろいろ、5本セット。凄っ。
レビューも★4と5。凄っ。


お医者さんでも使うものなので、まし?
肌に押し付けて使うから負担にはなりますね。
ついつい気合いが入って、ギュウギュウやってしまいそうだ。

オイル

よく取れますよね。
ポロポロ取れるのが面白くてやたらクルクルしてしまいます。
オイルを塗っているとはいえ、肌をこすってるのでよくないです。
又、オイルを流すためのダブル洗顔が、乾燥の元に。

近ごろは綿棒にオイルを含ませて、綿棒で肌をコロコロするっていうのが流行りですね。
優しくできればいいと思います。
面白いように取れるらしいです。

私の場合、ついついやりすぎて顔が赤くなるかも。

どの方法も、肌へのダメージがあるだけではなく、時間がかかって面倒!

でも、ヒゲ生やしたままPTAには行きたくない。
とりあえず、今すぐ取りたい。

そんなズボラな私が思いつきました。

使い捨てのふきん、アゴの角栓に使ってみた

ふきんの消毒面倒、臭くなるのイヤ、醤油のシミとか付いたらイヤ、を解消すべく導入した使い捨てのカウンタークロス。

フードコートで台拭き用に置いてあるやつです。

ほこりとかちょっとした油汚れとか、サッと拭くだけでよく取れるんです。

で、ひらめきました。

「これ、アゴの白いヒゲにどうかしら?」

濡らして絞って、アゴをクルッとひとなでするだけでキレイさっぱり角栓が消えた!

痛くなーい、赤くならない、お肌へのダメージ最小じゃない?

ちなみに今までは、綿のハンカチをぬらして、ゴシゴシやってました。
結構力いれないと取れないんですよ。
で、お肌赤くなってしまうし。

使い捨てカウンタークロスでの角栓除去、ためして欲しいです!

Amazonで100枚入りでイロイロ売っています。
楽天はどれも1,400円とかするのでオススメしません。

100枚もいらないですか?
100均にも少量で置いてあるかも知れませんね。

フードコートでどんなものか確かめたら、100均へGO!