蚊に刺されやすい私が教える蚊よけ対策!これでダメならしょうがない

子供がいると避けられない、公園遊び。

「誰が好き好んで、蚊のいる公園なんかに行くのかぁー。」

アナタの叫びは正しい。

しかし、叫んでいても解決しません。

誰よりも蚊にさされやすい人生を送ってきた私が、アナタにお送りします→

夏の公園遊びを快適に 蚊よけ・虫よけ対策4つ

私は4つ全部やっていますが、やり方によっては1つで充分効き目があります。

対策1.服装 露出の多い服・黒っぽい服を避ける

肌が露出しているとプスッとやられます。

長袖・長ズボンが基本です。

肌が隠れていても、ペラペラの生地だと服の上から刺されます。

ゆーったりした服も、そで口やすそから侵入され、プスッとやられます。
また、黒っぽい服もNGです。

蚊が寄ってくるだけでなく、ハチが興奮して襲ってきます。

私は黒いTシャツを着ていてハチに追い回されたことがあります。
当時ヨチヨチ歩きだった息子を置いて逃げるわけにもいかず、本当にあせりました。

こんな恰好をしたおしゃれママを公園でみかけると、「それはぁー、アカンやつ!」と言いたくなります。言えませんケド。

楽天

露出&黒っぽい色を避けた、蚊対策にベストな服装はコレ。

楽天

うーん。

そこで登場、

対策2.虫よけスプレー

DEET(殺虫剤)入りの虫よけスプレーです。

私は服を着る前に、手足・首回りにぬります。

そして、服の上からも全身スプレー。

これだけしても、うっかり手を洗ってそのままでいたら刺されました!

ただ、子供に殺虫剤は塗りたくない・・・というアナタには

対策3.蚊が寄ってこないアロマスプレーの出番です

手軽なところではミントが有名ですが、私の人体実験によると、シトロネラが最強です。

シトロネラって、「わらの中にみかんを置きっぱなしにして1ヶ月熟成させました。」みたいな、もわんとした独特な香りがします。

決して悪臭ではないのですが。

蚊よけアロマスプレーの作り方

材料
無水エタノール 小さじ1
シトロネラ 5滴
ミント 5滴
水 おおさじ3
スプレー容器
作り方
スプレー容器に
1.無水エタノールを入れ、精油を垂らします。
2.フタをしてよく振ります。
3.水を入れてよく振ります。
出来上がり。

頭(髪の毛)からつま先(靴)までプシューっとしています。

この蚊が嫌がる香り、すぐに飛んでしまうので、公園に着いたら10分おきにプシュプシュっとやります。

忘れると私の場合、顔を刺されます。
顔はおおえないし、虫よけスプレーも使えませんしね・・・。

楽天

もっと強力に香るように、精油をティッシュにたらしたものをポケットに入れたりもします。

あと、甘い香りの香水はつけたらダメー。

ハチがブンブン寄ってきます。

では、私のような蚊に愛されし者と、10分おきにかけないといけない精油スプレーしか使えない子供はどうすればいいのでしょう?

対策4.蚊取り線香が最終兵器です

こういう、腰にぶらさげる携帯蚊取り線香が一番です!

これを足元に置いておけば、多少の露出もO.K.、虫よけスプレーやアロマスプレーなしでも(私以外の人は)刺されません。

ただ毎日これをやると服や自分自身がいぶされて、家じゅうが焦げ臭くなるんですよ。

蚊取り線香ぶら下げたままじゃ、スーパーにも寄れないし。
一度ぶら下げたままスーパーに行ったら、「何か焦げ臭いよ!」と騒ぎになりかけました!

蚊にさされない方法、まとめ

露出の少ない長袖・長ズボン、黒っぽくない服装は基本。

その上で、

1.ひとつだけやるなら、蚊取り線香。
2.焦げ臭いのが困るなら、露出と黒っぽい服を避けて虫よけスプレーorアロマスプレー
3.虫を寄せ付ける香水はつけない。
4.私のような蚊に異常に好かれる人と出かける(刺されるのは私だけ)

でしょうか。

それでも蚊に刺されたら!まずは洗うとよいです

水道があれば、刺されたらすぐに水でよく洗うとかなりましです。

石鹸で洗うと、さらによいです。

治りがはやくなります。

そして私の愛用品♪キンカン。

楽天

以上、蚊に愛されし私の蚊よけ対策でした。

スポンサーリンク