おすすめ食器|軽くて献立も楽?入れ子の漆器「応量器」

軽くて扱いやすく、地味なお料理もごちそうに見えて、献立も立てやすい。

そんな食器が、こちら

入れ子になっている漆器のお椀

japanzenireko003

禅宗のお坊さんが使っている
応量器(おうりょうき)が元になっています。

楽天市場です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 応量器 欅 (国産 木製漆器)
価格:18000円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)

いろんなタイプがありまして
3つの入れ子だったり、5つの入れ子だったりします。

私が持っているものは、4つの入れ子で
このようにフタ付きの2つのお椀としても
使えるようになっています。

japanzenireko002

ミニマリストの先駆者?禅僧が
使う食器はこれだけ。

長い歴史を経て残っているのも納得
これが、とっても使いやすいんです。

軽い!

漆器全般にいえることですが
とにかく軽い!軽いといいことばかりです。

軽いから、取り出しやすい

重たいし、ガチャガチャやるのが面倒で
奥に下に置きっぱなしの、使われていない
食器ありませんか?

漆器ならヒョイヒョイです。

軽いから、洗いやすい

汚れた食器、陶器だと、崩れてガチャン!
とならないように、大きさや重さを考え
シンクに入れる必要がありますが
漆器ならプラスチックの容器のように
ポンポン入れてしまってもO.K.

軽いと洗うのもとっても楽です。
手をすべらせて落としてしまっても、ガチャン!パリンっ!と
割れる心配もありません。

軽いから、しまいやすい

入れ子なので重ねるのも簡単です。
狭い戸棚も有効に使えます。
重ねても、ガチャガチャとなりません。
戸棚の上の方にしまうのも余裕。

地味なお料理もよさげに見える

これは、朱塗りだからかな?
朱塗りのお椀は元々、ハレの日だけのものらしいです。
そんな、特別な日の食器に盛ると
普段のおかずもスペシャルに見えるのかも知れませんね。

ただ、生臭ものはなんだか似合いません

唐揚げとか、肉団子とか。
恐るべし、禅宗の法力!ちがうか?

それでも献立が立てやすい

禅宗の作法にのっとると
一番大きい器にご飯
二番目に汁物
三番目にお菜
四番目に漬物
japanzenireko004

質素な献立でも、揃いの塗のお椀に並ぶと
それらしく見えるんじゃないかな。

これに、さんまの塩焼きでも並べたら
立派な食卓です。

漆器ってお手入れは難しくないの?

漆器ってお手入れが難しそうなイメージがありますよね。
私は特別な手入れはせず、普段使っている他の食器と同じように扱っています。

何十万もするような揃いの漆器だとか
お正月に使うだけで、あとは棚の奥に
しまうとかなら、それなりの手入れをする
べきなのでしょう。

私が使っているのは一揃い(お椀4つ)
4,000円ほどのもので、毎日のように使っています。

8年目、細かい傷は無数にあるし、フチの塗りがはげてきました。
なんか味が出てきたなあと思います。

とにかく、軽くて扱いやすくて、しまいやすくて、お料理も見栄えする
入れ子のお椀「応量器」おすすめです。

楽天市場です