幼児のYouTube依存の悪影響って?|やめさせると即いい子になった!

我が家の4歳の息子。

世の大多数の幼児同様、YouTube大好き、おもちゃレビュー三昧な男の子でした。

放っておくとずーーーっと見ています。

幼稚園に行くまでの30分、夕食までの30分、ちょっと邪魔されたくない間の30分と、時間を決めて見せていました。

「止めなさいと言った時に止めなければ、永久にYouTubeは見せません!」との宣告が効いていたのか、息子もおとなしく従っていました。

というわけで、うまくYouTubeと付き合っているつもりでした。

幼稚園の個人面談で言われる「テレビ・DVD、一切見せないでください。」

幼稚園にお世話になって初めての個人面談がありました。

息子は、皆がそれぞれ制作に取り組んでいる時も、足を組んだだらけた姿勢でボケーーーッと虚空を見つめるだけの日々を送っているとのこと。

「高い月謝払ってんのにぃー!何たるザマよ。オヨヨ。」

打ちひしがれる私に、先生はおっしゃいました。

「TVやDVD見せていませんか?ならば今すぐやめさせてください。」

「我が家にはTVはなく、DVDも見せていないけれど、好きな時に好きなモノが次から次へと人さし指一本でエンドレスで見られる、テレビよりずっとアカンYouTubeを見せています。」

などと返事しようものなら、目の前の先生が驚いて卒倒しかねないと思った私は「DVDを見せています。」と控えめな返事をしました。

テレビやDVD、YouTubeを見せてはいけない理由?

先生がおっしゃた理由はこうでした。

「脳みその回路がおかしくなる。」

脳みその中、見たの?
トンデモ科学?

私の理性がこの理由を拒絶しました。

けれどウン十年間たくさんの幼児を見てきた先生が発する、「テレビ・DVD(もちろんYouTubeも)は今すぐやめさせてください。」という言葉は素直に受け入れられました。

高い月謝がムダになっている現状を変えたかったし。

YouTubeのやめさせ方 すっぱりやめるゼロか1しかない

「ちょっとづつやめる」というのは難しいだろうなと考えました。

これ、ダイエットしたい自分に置きかえてみて下さい。

毎日1枚食べていた板チョコ、今日から1日ヒトカケなんてムリゲーですよね?
拷問でしかありませんよね?

1日ヒトカケと決めたその3秒後に丸1枚食べてしまったとして、アナタを責めるより同情する人の方が多いのではないでしょうか?

大人でこうなのですから、生まれて4年ぽっちの男に「YouTubeは1日10分だけ」なんてカワイソウ。

なら、タブレットやパソコンが壊れてYouTubeも見れなくなったことにしてしまえー。

タブレットもPCも壊れた→家族全員でネットを断った

3人家族の我が家には、タブレット2台・ノートPC3台があり、夕食後3人3様にこんな風景が当たり前でした。

「YouTubeでも見て静かにしとけー。邪魔すんなー。」みたいなところもありました。

こんな状態から、息子だけからタブレットを取り上げたところで納得しないでしょう。
PCからYouTubeをせがむでしょう。

ってことで、パソコンもタブレットも壊れたことにして、押入れにIN!

息子が泣きわめくであろうと、恐れていましたが意外とすんなり受け入れてくれました。

というより、

息子にはYouTubeよりも欲しかったものがあったのです。

それは、

家族の団らん・ふれ合い|ネットを断って劇的に増えた!

ネットを断つ前もそれなりに団らんがあって、息子には本を読んでやったり、一緒に遊んでやったりする時間を作っていたつもりなのですが、劇的に増えました、息子との時間。

親の私もパソコンがなくなってヒマになり、折り紙を折ったり、レゴを作ってみたり、息子と一緒にやるようになりました。

息子もYouTubeを見ているより、親とレゴ作っている方が楽しいのでしょう。

ネットを断ったその日から、「YouTube見たい。」とは言わなくなりました。

いやー、びっくり。

今までも、ネットしながら「レゴ、上手に作ったね。」とか言って相手してたんですけど、”ついで感”満載で、息子は満足してなかったのかな。

この「ネットの”ついで”に相手する」というのがなくなって、ふれ合う時間が増えただけでなく質もよくなったように思います。

こうして息子との時間が増えたと同時に、息子自身に劇的な変化が現れました。

幼稚園でだらけまくりだった息子も3日たたずに即いい子

個人面談で「TV・DVDすぐにやめさせてください。」と言われ、即日実行。

3日もたたずに、「息子君、急に意欲的になってきました。」と言われました。

YouTubeをやめた以外に、心当たりはありません。

さらに、1週間後、2週間後、

「お手伝いしてくれるようになりました。」

「パキパキ動くようになりました。」

と先生方もびっくりのいい子に変身しました。

YouTubeをやめて、おかしかった脳みその回路が正常になったんでしょうか?

家でもやたら怒りっぽかったのが治りましたし。

私が実際に感じたYouTubeの悪影響は

「親子のふれ合いが減る・ふれ合いの質も悪くなる」です。

親もネット依存状態だったんですね。
これがよろしくない!

極端な話、

息子が何か言ってくる→ジャマと感じる→適当にあしらう→相手にされなくてつまらなくなった息子→YouTubeに逃避

になっていたと思います。
ひでー親だ。
息子が怒りっぽくなっていたのも当然か?

幼稚園の先生がおっしゃった、「脳みその回路がおかしくなる」かどうかはわかりません。

今すぐYouTube・ネットやめさせよう!やめよう!

「お子さんのYouTubeよくないかも、やめさせたい。」と思っているアナタのその考え、間違ってません!

家族総出で、パソコン・ネット断ちすることを強くおすすめします。

目や頭が痛いのも治りますし、時間も増えます。

子どもも即いい子に変身!

いいことづくめです。

「脳トレ」で有名な東北大学の川島隆太教授が、「テレビを見ると脳がおかしくなる」的な研究結果を発表されているので、プレスリリースをあげておきます。
興味のあるかたはどうぞ。

スポンサーリンク