ほめると伸びるを40代在宅主婦が体感する

大人になって大分経つと、褒められることが大変少なくなります。

ここで言う「褒められる」は、服装や髪形を「いいね!」されることとは違います。
仕事の出来栄えや上達を賞賛されるという意味です。

仕事なんてできて当たり前、毎日やってりゃ上達して当たり前、役割を与えられた以上つつがなく進めて普通なのであります。

そうやって大人の生活を続けていくうちに、「褒められる」とか「褒められて湧いてくる感情」とはすっかりご無沙汰になっていた私なのでした。

元来、超マイペースで「褒められたい」とかあんまり思ったこともなかったのですが。

こんなひなびた40代在宅主婦の私が、突如褒められる事態が起こりました。

このブログに来てくれる人が増えた!

運営者の私に似てとても地味なブログなのですが、8月から突如、訪問者が5割増しに!

「訪問者の増加=認められてる・褒められてる」ってことよね!
褒められるって久しぶりの感覚よ~。

率直に言って、チョーチョーチョー嬉しい!

「もうこのブログ辞めたって誰も悲しまねぇだろうよ。」って拗ねてたけど一転、元気モリモリ勇気ひゃくばい!

かくして、毎日のように記事をアップするようになりました。

「子供はほめて育てなさい」と言います。
大人も絶対、ほめた方がいいと思いました。

参考にしてます、と言われて勇気爆発!

「ブログの記事、参考にしてます。」とおっしゃってくれる方も現れました!

忙しいのに「ブログの記事、参考にしてます。」ってわざわざ時間を割いて、書いて送ってもらえるなんて、有難すぎる~。

嬉しくて心の臓がパクパクする・・・。

「今日はだりぃから書きたくないよ~。」と感じても、「私の記事を待ってる人がい~る~。」って頑張れます!

だから、私は言いたい。褒めよう、褒め合おう

大人こそ、良くも悪くも評価されにくい在宅主婦ほど、褒められると伸びます。

人のことを良くても悪くてもとやかく言うのは失礼・無礼みたいな風潮がありますが、褒めたいと思ったら即褒めるべきだと思いました。

相手の生活・人生、明るくなりますから。
他人の生活を明るくするなんて、素晴らしい善行じゃないですか。

善行積んだらいいことあるっていいますし。
簡単な善行だし、褒めるって。

そういえば数年前、こんなことがありました。
興味のある方はどうぞ。
「三方よし」の簡単な徳の積み方

スポンサーリンク