お金が欲しい→思いつきで行ったお寺で護摩祈祷してみたら!

私は神社仏閣めぐりが大好きです。

思い立ったその瞬間に、いそいそと出かけて行きます。

こんな私の行動を「仏さんや神さまに呼ばれているのだ。」と解釈する人もいます。

お金欲しいなあと思っていたら、呼ばれた?

いつものごとく、「何も予定を立ててない、このままボーっとしてたらあっというまに夕方になっちゃうよ。」な休日の遅い朝を迎えました。

「〇〇寺にでも行っとく?」
「まあ、いいけど。」

という感じで、一路〇〇寺へ。

〇〇寺といえば、金運招来!お金持ちが遠方より大挙する

〇〇寺は現世利益を追求する我利我利亡者人々が集う、田舎の山寺です。

電車・バスを乗り継いでやっとこたどり着けるところにあります。

そんな辺ぴなところにもかからわず

「金壱百萬円 東京都世田谷区 山田太郎」とか

「金壱百萬円 東京都港区 田中花子」etc…

お金持ちでしょ!な人の名前が刻まれた玉垣が、参道の両側をびっしりと埋めつくしているのです。

東京からはかなーり遠いにもかかわらず、東京のお金持ちが大挙して押しかけておる。

これはご利益アリアリだーねぇ、と盛り上がった私の耳に、太鼓や法螺貝・鈴の音が聞こえてきました。

楽天

行ってみたら、一年に一度のお祭りの日だった

太鼓がドンドンドン、鈴の音がシャンシャンシャン、法螺貝の合いの手?がボォーボォー、呪文まで聞こえてきたよー。アゲアゲー。

えらく賑やかだと思ったら目に飛び込んできました、護摩壇に燃えさかる炎!

その日はお寺の本堂の前で、一日中絶え間なく護摩祈祷する特別な日だったのです。

1,000円納めれば、護摩木を焚いてもらえるとのこと。
他力本願を嫌う夫がなぜか「1,000円ならやっとく?」と言うのでお願い事を書くことに。

お願い事は、金運招来だけじゃいけません

護摩木に書くお願い事は、1つだけじゃなくて2つでも3つでもいいそうです。

厚かましく4つも書きました。(書きすぎ)
家内安全・無病息災・金運招来、あとひとつ忘れました・・・。

とにかく金運招来の他に「家内安全」は絶対にはずせませんでした。

〇〇寺は2ch(5ch)のスレも立っています。
何年か前の書き込みに「〇〇寺でお金をくださいとお願いしたら、親が亡くなって遺産が入ってきた。」というのがありました。

もうちょっと生きてて欲しいな。

「交通事故に遭って保険金がおりた」なんてのもいただけない。

だから!

金運招来と家内安全はセットでお願いしましょう!

護摩木をたいてもらうだけのつもりが、キタ――!

4つも願い事を書いた護摩木を、護摩木が積んであるところへ持って行きました。

そして燃え盛る護摩壇をながめつつ、ボーっとつっ立っていると、「御祈祷まだですか?こちらへー。」と家族3人、護摩壇の前に連行されました。

メラメラの炎がすぐ目の前に、ドンドンドンと太鼓の音が腹にひびきます。

山伏たちの発する迫力の呪文とシャンシャンシャンという鈴の音が脳天に渦巻いて・・・

バイブスあがるぅ!

そしてメインの?山伏さんに、棒みたいなので背中をたたかれ喝を入れてもらい?終了。

4才の息子も恐がることなく素直に手をあわせ、喝を入れてもらっていました。

そして、

1ヶ月もしないうちにご利益がありましたー。

たなぼた的な臨時収入がパラパラと入ってきました。

「これは、ご利益だわ!お礼まいりに行かねば!」

お礼まいりに行って、「またこれからもお金よろしく!」とお願いしてきました。
(宝くじまだ当たってないし)

そしたらまた、

お金がらみで進展がありました

株式投資がしたい私。

夫が大反対するので、できずじまいで2年以上が過ぎました。

その間、くさらずに本で勉強したり「トレダビ」という株式取引ゲームをがんばったりしていました。

お金は一銭も儲かりませんが趣味でいいや、と実際の取引はあきらめていました。

ところがお礼まいりの後、夫が突如「株買おうよ。」と言い出しました!
なんでも、量子コンピューターの本を読んで「よっしゃー!」ってなったみたいです。

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

量子コンピュータが人工知能を加速する [ 西森 秀稔 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/7時点)

きっかけはこの際、どうでもいい。

そしてトントン拍子で証券会社の口座に入金するところまで進みました。

1回目にお参りした時、株で儲かりますように、損しませんようにってお願いしたんです。
株の売り買いなんか全然してないのに、ムダなお願いだなあと思いつつ。

あー、楽しみ。

本当に他力本願なんでしょうか?

神社やお寺でお願い事をするのを、「他力本願、けしからん。」「神や仏に頼るな、自分の努力あるのみ。」

という考えがあります。

本当に自分の努力だけで今の自分があるんでしょうか?

努力できる環境とか、人や物事との縁とか自分だけの力じゃない部分もあると思うのです。

それなりに努力した上で、人智のおよばない部分について神様や仏様にお願いするのはアリなんじゃないでしょうか。

お寺って、けわしい山の上にあるのが多いですよね。

今でこそ車で気軽にピューッと行けますが、そんなのはここ数十年の話です。

その昔何百年にわたっては、一念発起して行くところだったはずです。
現代の私たちには想像もできない苦労があったことでしょう。

そこまでしてお寺へ祈願に行くということは、心願成就に向けての気概が相当にあったと思えませんか。

努力はし尽している人が、さらなる困難を覚悟してやってきて祈念する場所なのです。

そんな人達の強力な念が何百年も積み重なった場所がお寺であり、神社なのではと思います。

だから、お金が欲しい人は、GO!GO!

楽天