冬の朝の洗顔おすすめの方法|水冷たい、寒い、つらいを解決!

寒ーい冬の寒ーい朝に冷たーい水でする洗顔、「何かの罰なの?」とさえ思えるつらい苦行のひとつでございます。

顔が冷たいだけなら「美をキープするため!」って我慢できると思うんです。

パジャマのそで口がビシャビシャに冷たくなったり、顔のまわりの髪の毛が濡れて頭に冷風が吹きすさんだり、つらすぎる!面倒すぎる!

でも、もうこれで面倒じゃない!冷たくない!時短にもなる!ちょっと節約もできる!という素晴らしい洗顔方法があります。

それは、

洗顔のかわりに、濡らしたふきんで拭き取る

固くしぼったふきんで顔をガーっと拭くのです。

すごく楽です。
パジャマや髪が濡れて冷たいってこともありません。
洗顔料を落とすために何回もすすぐという必要もないので時短になります。
使う水の量もかなり減って節約にもなります。

ここで。
「洗顔料使わなくていいの?」という疑問が出てくるかと思います。

結論から言うと

洗顔料はいりませんが、ふきんは選んで欲しい

「石鹸とかいらないって本当なの?」と思う人には「とにかくやってみてよ。」と言うしかないのですが。

顔を拭くだけと言っても秘訣があります。

ふきんは使い捨てのふきんを使って欲しい。

私が愛用&おすすめするのは東京メディカルの抗菌加工されたレーヨン混のもの。

科学的な詳しいことはわかりませんが、レーヨンの柔らかい繊維とちいさな穴の加工が、やさしく・確実にお肌の汚れだけを取り去ってくれる気がする。

抗菌加工されているうえに、薄くてすぐ乾くので臭く不潔になることもありません。

「お肌に優しい=天然素材=綿とか絹」という方程式?がありますが、敏感肌で苦労した私が断言しましょう!

綿100%も絹100%も濡れるとけっこうゴリゴリな、お肌にやさしくない繊維です!

オイリー肌です、クリーム塗りたくって寝てますという方へのおすすめ

「朝起きたら、顔ギラギラです。洗顔料手放せない!」という方にはもうひと手間加えるだけで、拭き取り洗顔が叶う方法があります。

水のかわりに重曹沸騰水を使うのです。

すごく怪しげな響きですが、よくある温泉の水と同じものです。
心配にはおよびません。

くわしくはこちらをご覧ください。
重曹があれば お家のお風呂で温泉美人 ツルツル美肌が簡単に

拭き取り化粧水とか拭き取りシートとか売ってますけど、そんなのワザワザ買うことありませんからね~。

ちなみに使い捨てふきんは、洗濯機で何度洗ってもぜんぜん破れません
その気になればずっと使えます。
ただ抗菌加工が取れてくるのか、1週間すぎると臭くなってくる気がします。

我が家で1年前に買った100枚入りのふきん、台ふきんや雑巾にも活用していますが、まだ30枚ほど残っています。

慣れれば?洗顔しなくても大丈夫

夏の「さっぱりしたいなあ」という以外、拭き取り洗顔すらしていない私です。
ゴロゴロとでかい目やにが出たらちょっとぬぐいますけど。

洗顔しない方が、ファンデーションも毛穴落ちせずにキレイに塗れるんですよ。
毛穴が目立たない下地不要なファンデの塗り方?超簡単!〇〇しない

義実家での泊りでも洗面所がいつ空くか見計らったり、占領しすぎじゃないかとあせったりすることもありません。

ちなみに私は水スプレーも義実家へ持参し、部屋で洗顔→化粧まですませます。

使い捨てふきんに水を含ませ、絞って拭くだけの洗顔、寒くない!時短!節約!いいことづくめですよ~。