パン デ デリス|コストコのインスタ映えする冬限定商品ウマーなパン

2017年も出ました、コストコ冬限定パン、パン・デ・デリス。

寒くてつらい冬の、私の密かな楽しみです。

デリスとはフランス語で「喜び」とか「快楽」を意味し、それが転じて「おいしいもの」という意味もあります。

そんなわけで、パン デ デリスは「ウマーなパン」といったところでしょうか。

ライ麦粉の入ったずっしり詰まっているけど柔らかい生地の中に、ナッツやドライフルーツが13種類もゴロゴロと入っている贅沢なパン

パン・デ・デリスの贅沢な材料はこちら

ナッツだけでも4種類、アーモンド・ヘーゼルナッツ・クルミ・ピスタチオが入っています。

ドライフルーツは、アプリコット・レモンピール・オレンジピール・レーズン・デーツ・クランベリー・イチジク・プルーン・カラントの9種類。

粉は、ライ麦粉が入っており茶色っぽい生地になっています。

卵・乳製品は入っていません。
アレルギーのお子さんでも食べられる甘いパン、ヤッター。

又、ノンオイルで添加物も保存料1種類のみ(亜硫酸塩)となっています。

そしてお値段も贅沢、899円 小さいよ・・・

小っさい・・・。
手のひらに収まります。

15㎝角折り紙サイズですね。

405gとずっしり感はあるのですがね。

「これで800円以上するの?」と一瞬買うのを躊躇すると思います。

気張った本気のパン屋さんで売っている似たようなパンでも、もうちょっと安いんでない?

コストコのパンの分際で、強気な価格設定。

でも、おいしいんだーよ。
寒い冬も、これを楽しみに耐えられるのさ。

できるだけ、ナッツやドライフルーツがいっぱいくっ付いているのを選びました。

パン デ デリスのおいしい食べ方

何よりも、切り方が大切です。間違えるとおいしさ台無しです。

パン デ デリスのおいしい切り方

この手の、みっしり詰まった生地にナッツがゴロゴロしてるパンは、1.5㎝ほどに薄くスライスするのがいいでしょう。

以前、こだわりのパン職人の店でよく似たパンを買った時に、伝授されました。

ドライフルーツが少ないんでない?と思いましたが、食べてみたらちょうどいい具合。

少ない語彙でおいしさを表現します

パン過ぎず、ドライフルーツ過ぎず、ナッツ過ぎず。

ひと口噛むたびに、ナッツの香ばしさやレモンピールの爽やかさ、イチジクの甘さ、いろんなおいしさがはじけます。

まさに喜び、快楽、デリスじゃっ。

「pain des delicesなんて名前のパン、調べたけどフランスにはない。適当な名前つけないでよ!」と思ってましたが、許す。

回りの皮は固いものの、フランスパンのように噛み切れなくて差し歯取れそう!なねばりはありません。安心して食べられます。

パン生地にはライ麦が入っていて、みっちり詰まった生地ですがクセもなく誰でも食べられる味になっています。

薄く切って何と一緒に食べる?

濃いミルクティーと一緒に食べるのが私のお気に入りです。

生クリームをのせて食べてみたら!

ケーキみたいだ!うーん、カロリーMAX、快楽MAX!

生クリームに罪悪感を感じますか?

それならマスカルポーネチーズやリコッタチーズといかがでしょう。

おしゃれな感じでいくならば・・・

クリスマスのデザートにおすすめ!インスタ映えもばっちり

クリスマスのデザートとして、ホットワインとかポートワインと一緒に食べてみたい!

真っ赤なワインに、色とりどりのナッツやフルーツが入ったパン、インスタ映え絶対だわー。

写真ではピスタチオの緑がやたら目立っていますが、スライスするたびにレモンピールの黄色いのがたくさん散っていたり、クランベリーの赤いのがパッと目に飛び込んできたりと、ワクワクする見た目です。

保存方法 スライスして冷凍庫へ

残ってしまったら、全部スライスして1枚ずつラップにつつんで冷凍庫へ。

食べる時は、ラップをはずし霧吹きで表面に水をちょっとかけてトースターで焼きます。

カリッカリサックサクのおいしいパンになります。

パン・デ・デリスのおすすめポイントまとめ

・大きさやお値段からすると、購入をためらうパンであるが

・13種類ものナッツやフルーツが入っていて見た目も美しくインスタ映えし

・卵・乳製品不使用で添加物も1つのみのイケてるデザートである

・1.5㎝ほどに薄くスライスして、ミルクティーといただくのがおすすめ

・ホットワインやポートワインとも合いそう

・生クリームをのせると極楽、マスカルポーネやリコッタチーズも試したい

冬だけの限定商品パンです、コストコで見つけたらぜひ!

スポンサーリンク