ジャーマンポークステーキ|コストコで疲れた日の晩御飯はこれ!

コストコへ行った日の晩は、どっと疲れませんか?

晩ごはんの用意、だるい。

コストコのお寿司買うほど大家族じゃない。

コストコでお金をいっぱい使った日のメニューが、コストコめしでないのは寂しい。

そんな時は、

ジャーマンポークステーキがおすすめ

コストコに行った日の我が家の晩ごはんはいつもこれ。

夫も3才の息子も大好物です。

ステーキは牛でしょ!って方にも、一度食べていただきたいおいしさ。
コストコの豚肉はあっさり&旨みがあってお気に入りです。

味付き・厚さ1㎝ほどの豚肩ロース肉です

100gあたり130円。
11枚のお肉、1.4㎏前後と、ニンニク・パセリ・玉ねぎスライスが入っています。

大人ひとり2枚くらい食べられるかな。
小食の女性なら1枚で十分かと。

我が家では一回の食事に4枚消費するので、二晩連続ジャーマンポークステーキになります。

みんな大好き&コストコに行った時しか食べられないので、文句もでませ~ん。

ハーブの味付けが絶品!辛くないので子供もO.K.

パプリカを筆頭に数種類のハーブ・スパイスがまぶし付けられています。

しっかり付いていて、味が濃そう・くどそう・辛そうに見えますが、見た目よりずっとさわやかな、絶妙な味付けです。

私は、アミノ酸系のいわゆる旨み調味料の味が苦手で、この手の味付け肉も敬遠しがちなのですが、これは大好き!

さらに、ニンニクとパセリ、お肉の下に玉ねぎが入っています。

ジャーマンポークステーキのおいしい焼き方

簡単にいうと、「弱めの中火でじっくりと、しっかり焼き色がつくまで焼く」です。

これで弾力もあるけど、やわらかくスパッと噛み切れる、ポークステーキになります。

手順

フライパンに少量の油をひき、弱めの中火にかけます。添付の玉ねぎスライスを投入。

上に、お肉を広げ、ニンニクを散らします。
ニンニクは、スライスすると黒焦げになるので、そのままがおすすめです。

ふたをして、7,8分。
ひっくり返して、また7,8分ほど。

黒く焦げて「えっ!」ってなりますが、甘くなった玉ねぎとニンニクと肉汁のマリアージュが、あぁ、たまらん!

肉の旨みもMAXジューシィー。

「牛肉になっちゃった?」ってくらいの焼き色を目指してください。

「ステーキはビーフでしょ、牛肉でしょ。」って人(私)も大好きになりました。

まずいって人は、焼き方が足らないと思う

「フライパンをこんなに焦がしちゃ、主婦失格だね。」と思った私。

中火でサッと焼き、どこから見ても豚な白い状態で食べてみたことがあります。
クニャクニャたよりなく、噛みきれず、味も水っぽく、ハーブとスパイスの香りもあんまりしません。

というわけで、弱めの中火でしっかり焼き色がつくまで焼いてください。

盛り付けも簡単 包丁なしで晩ごはんできた!

添付のパセリをちぎって、パラリン。
トマトメドレーを横っちょにゴロリン。

絵になるじゃない。

ここまで、包丁使ってないよ。勝利。

もうひとつ。

コストコのロメインミックスサラダと伊藤ハムチキンスライスをボールに放り込んで、チョレギソースをかけたサラダ。

これも、包丁・まな板いらずです。勝利。

あとは、ご飯のかわりにパンですね。

お米のくっついたお茶碗を洗わなくて済みます。勝利。

ジャーマンポークステーキにぴったりのパンがあります

肉汁たっぷり、ちょっと濃い味のジャーマンポークステーキにぜひ添えていただきたいのが、カントリーフレンチホールウィートブレッド。
要するに、カンパーニュです。

噛めば噛むほど旨みが出るけど自己主張しない、おいしいお米のようなパン。
このパンで皿に残った肉汁をぬぐって食べたらサイコーなはず。

※詳しくはこちら※
パン好きなら、コストコのカントリーフレンチホールウィートブレッド

※こちらもご覧ください
コストコは野菜もおすすめです ロメインミックスサラダ編

コストコのうま塩チョレギソースがウマっ!万能!おすすめ!