コストコのチーズフォンデュと卵焼き器で簡単!失敗なし!

準備が大変、まずい、子供が食べられないetc…
ちゃんとやるとなると、結構面倒なチーズフォンデュ。
「もうやりたくない。」という人もいるんじゃないでしょうか。

ですが!

1.コストコのチーズフォンデュを使う
2.下ゆで不要の具材を用意する
3.フォンデュ鍋の代わりに卵焼き器を使う
この3つを守れば、早く・簡単に・誰でも食べられて、片付けも簡単なチーズフォンデュが楽しめます。

コストコの シュトレールチーズフォンデュがおすすめ

チーズとワインを揃えて一から作ると、だいたいまずいです。

素直にコストコで、シュトレールチーズフォンデュを買いましょう。

スイス製です。2箱セットで1,080円。(2017年2月現在)
ひと箱200gで、2人分くらいでしょうか。
カロリーは210kcal(100gあたり)です。

手間なし簡単!すぐに食べられる

始めからフニャフニャしています。

30秒湯煎したあと、

鍋にあけて火にかけるだけ。あっという間にドロドロ。
すぐに食べられます。

本格的にチーズやワインを鍋にかけてやるとなると、結構大変。

溶けるまでに時間がかかったり、途中で分離してきたり、最後チーズがバリバリに焦げたり、もう二度としたくない!と思った人もいるはず。

本格スイス製なのにくせがなくて美味しい

鍋に出してすぐに溶けるお手軽なチーズフォンデュですが、本場スイス製です。

実のところ、味が心配でした。

昔スイス土産でもらったチーズフォンデュ、ゲ○みたいなフレーバー。アルコールもキツイ!はっきり言います、激マズ。

本場の味ってやつですか。

おそるおそる、なめてみました。コストコで買った簡単チーズフォンデュ。

おいしーい。くせがなーい。まろやか。

子供も一緒に食べられるね!

では、

下ごしらえ不要・片付け簡単なチーズフォンデュのレシピ

具材の下ゆでは不要です。
フォンデュ鍋のかわりに、テフロン加工の卵焼き器を使います。

具材のおすすめ 下ゆで不要で簡単

バナナ・リンゴ・クラッカーがおすすめです。リンゴを切るのがちょっと面倒なだけですね。
バナナは固め、リンゴは紅玉がおすすめ。


フルーツのさわやかな甘さと、チーズのまろやかさ&塩気が、めっちゃくちゃ合う
んです!
クラッカーは無塩がいいかな。(画像のは塩味です)

何より、下ゆでしなくていいんです!

ゆですぎてジャガイモがくずれたり、ブロッコリーがふにゃふにゃ汚い色になったりして、落ち込むこともありません。

フォンデュ鍋のかわり→卵焼き器が使いやすい!

フォンデュ鍋をわざわざ買うのもねぇ。
あの短い取っ手が熱くなって握りくいのもイヤ。

普通の鍋は、大きくて深すぎる。
深いと具を浸す作業がやりにくくて、子供なんかはやけどしそうで怖い。
そこで登場!


テフロン加工の卵焼き器
です。

フライパンほど大きすぎないけど、ちゃんとコンロにかけられる大きさ。
取っ手の長さも十分で、コンロでかきまぜる作業も安全。

保温でホットプレートにのせるのにも、軽くてちょうどいい大きさです。

浅いのでチーズの状態も見やすく、具を浸すのも覗き込む必要がなく、すごくやりやすい!

クラッカーなんかは、フォークなしでこんなふうにグィーっと。

浅い卵焼き器だからできるワザ。

そして、テフロン加工がおすすめです。
チーズが最後の一滴?まで、きれいにスルッといただけます。

洗うのも簡単!

普通の鍋でやると、チーズが冷えてカピカピにこびりついてしまいます。
もうね、見ただけでゲッソリですわ。これ、洗うの誰?

その点テフロン加工の卵焼き器は、スルッと撫でるだけでキレイに洗えます。友よ!

本当はアルミ鍋を使うつもりでしたが

本当は、使い捨てのアルミ容器を使うつもりで、ダイソーまで探しに行きました。
ところが適当なのがなく困っていたところ、目についたのが卵焼き器!

大きさといい、浅さといいチーズフォンデュにぴったりだ!

アルミ容器だと取っ手がないし、ペコペコと安定感もいまいち。
火にかけて混ぜたり、ホットプレートに移動したりが大変だったと思います。

「コストコのチーズフォンデュに卵焼き器」これが日本の家庭の定番チーズフォンデュになるだろうと思っている私です。

楽天で買うコストコ