超簡単なのにデキる主婦風|アサリのお味噌汁

気合いを入れてきっちりやれば楽しくなるとわかっていても出来ないこと。

それは食事の支度。

毎日毎晩、休みなく気合いを入れ続けるなんてよくないわ~。

「毎日のことだからできるだけ手間を省く!」が正解!

ツイッターやインスタに流れてくる美しい食卓、あれはタダの趣味ですから~。
道楽ですから~。
マネしちゃダメー。

最近、趣味全開&インスタ映えMAX晩ご飯画像の中に、キラリと光る手抜き全開の一皿を発見しました。

それは

アサリのお味噌汁 包丁いらない、味付け超簡単

包丁・まな板使いません!
インスタントラーメン並み、5分以内に絶対できます!
煮過ぎとか煮なさ過ぎとかもありません!
アサリの出汁パワーで、味付けも考えなくていい!
でもおいしい!栄養満点!

それに食卓に魚介類の一品がならぶと、なんかできる主婦の献立っぽくなりません?

アサリ、サイコー

超簡単!アサリのお味噌汁の作り方

水とあさりを一緒に鍋にかけて、沸騰して口が開いたら火を止めて、味噌を溶き入れるだけ。

準備・砂抜きは基本しません

スーパーでパックになって売っているアサリはほぼ砂抜きされているので、砂抜きしません。
「3%、海と同じ濃さの塩水で・・・。」とか言われても難しいし。

たまに、奥歯で砂をゴリっと噛みます。
自業自得ってことで。
夫や子供のお椀に当たらなくてよかった・・・。

なんとなくジョリジョリしてそうな時は、パックのアサリがひたひたにつかるくらいの水を入れたボールに塩小さじ1くらいを溶かして、野菜室へ半日置きます。

午前中に仕込んで、夕飯直前に取り出して料理してます。

材料はアサリ1パックと味噌の2つだけ

1.鍋にあさり1パックと600cc(2~3人分)のお水を入れます。
2.フタをして強火にかけます。

3.沸騰したらフタをあけ、アサリが開くのを見届けます。
教科書的にはここでアクを取り除きます。
私はアクもおいしさだと思うんだな。

4.全アサリの口が開いたら、火を止め、味噌を溶き入れます。
味噌の量は通常の半分を目安に味見しながら加減してください。

アサリの出汁が効いているので、味噌は少な目でないとしょっぱくなります。

アサリは潮汁より味噌汁なワケ

アサリから出る出汁のおかげで、味噌を入れるだけ、細かい味付けは不要なのがこのお料理のいいところです。

アサリと言えば潮汁ですが、「塩少々」とか「しょうゆ、香りづけに少々」とか、1㏄単位の攻防になってくるとですね、味見しても、これでいいのかどうかよくわかんなーい。

たぶん、「これだー!」という味に合わせるには、1㏄多すぎても、少なすぎてもダメなんでしょうね。

お味噌にはそういう繊細さがなくて助かるわ。

私のおすすめお味噌はこちら
ずぼら主婦は、出汁入りより出汁のいらない麦味噌をオススメする