自転車の練習、教え方のコツはない|簡単〇〇から始めるだけ

先日、5才の息子を連れ、自転車の練習場に行ってきました。

時は、日曜ののどかな昼下がり。

にもかかわらず、練習場は怒号と泣き声の飛び交う修羅場!

バランスを崩して上手に乗れないお子さんに対し放たれる、白熱指導&イライラMAXなお父さんの怒号!

こけたら怒られるという恐怖に、お子さん達は泣きながら自転車をこいでいます。

そんな修羅場の真ん中で、私は声を大にして叫びたかった。

皆さん!

3才になったらストライダー(バランスバイク)で、自転車の練習はほぼ不要!

ストライダーは、地面をけって前に進む、ペダルなしの子供用バイクです。

2才から5才くらいまでの子供用。
個人的には3才すぎからがいいと思います。

バランスバイクでピューッと前に進めるようになれば、コマなし自転車にもすぐ乗れます。

親の怒号も子どもの泣き声とも無縁です。

我が家の息子の場合、一生懸命練習してやっと「できた!」という感動とも無縁でした・・・。

なぜって3才から5才になるまでストライダーで遊びまくったおかげで、初めて自転車に乗った瞬間からスィスィーっとこげてしまったからです。

ストライダーも努力は不要

またいで、地面をけるだけで勝手に前に進みます。
足はがっつり地面に着くので、こける恐怖も危険もありません。

ただ、うちの息子の場合「地面をける」というのがわからなくて最初の2週間くらいは、股の間に挟んで、ハンドルを持って引きずって歩いているだけの状態でした。

よそのお友だちが蹴ってピューッと進んでいるのを見ているうちに、息子も目覚めました。

ストライダーは高い、類似品があります

ストライダーはお値段1万円以上と高いです。

見るからに頑丈です。
すごくシンプルな作りなので、雑に扱っても大丈夫です。
男兄弟で長く使う予定のある場合はストライダーをオススメします。

ストライダーは公式レースがあります。
レース出場をめざす場合は、迷うことなくストライダーをどうぞ。

4,000円くらいから、類似品もあります。
ストライダーへのこだわりがなければ、安い類似品で充分。

ホームセンターやサイクルあさひのような自転車のチェーン店にも置いてあります。

楽天やAmazonでも買えますが、自分で組み立てないといけないし、たいして安くもないのでどうなんでしょ?

組み立ては簡単みたいですけど、子どもが乗るものだし、きちんと組み立てられたものの方が安心だと思います。

へんしんバイクはどうなの?

へんしんバイクという、バランスバイクにも自転車にもなるものがあります。

バランスバイクとしても自転車としても中途半端な印象がありますね。
変身もお店に頼まないとムリです。
ストライダーよりも重いし。

私はオススメしません。

元自転車屋さんも、ストライダー推しされてます。
へんしんバイクとストライダーは正直な話どっちがオススメか比較してみた。

とにかく、「3才過ぎたらストライダーを与える」だけで自転車の問題は99%解決!

しかし、残り1%が切実な問題だったりします。

切実!ストライダーor自転車の練習場所がない!

道路を子ども達が占領していた昭和時代。
当然のように、家の前の道路が自転車の練習場所でした。

今そんなことしたら通報されるレベルです!

みんなどうしてるのかな?と調べてみたところ。

バランスバイクから始める自転車教室があった!

バランスバイクに乗るところから始める、「30分で乗れる自転車教室」があります。

「へんしんバイク」を使って教えてくれる教室です。
とりあえず、バランスバイクも自転車も一度に体験できるという意味ではいいんじゃないでしょうか?

対象は3才から6才です。

「30分で自転車に乗れる」はどうなんだろ?
私の息子3才だったらバランスバイクすら乗りこなせなかったでしょう。

バランストレーニング(バランスバイクのみ)のコースもありますね。
私なら、3才半の息子をまずはバランストレーニングに参加させるかな。

練習場所があるなら、3才になったらストライダーからスタート。
練習場所もないし・・・。という場合にはとりあえずバランストレーニングへの参加。

以上、怒号と泣き声の飛び交う自転車の練習風景をこの世から無くしたい私がオススメする自転車練習方法でした。

スポンサーリンク