お風呂のふた、いらない|捨てたらハッピーずほらミニマリストは語る

そうじは面倒。

でも、汚いお風呂はイヤダ。
そこそこ清潔なお風呂に入りたい。

お風呂のふただってキレイなのがいい。

毎日毎日、拭いたり、たくさんの溝をブラシでこすったり、カビないように立て掛けたり

「やってられないわあー!」

そんな風に思っている私のようなアナタ、

お風呂のふた、捨てたら掃除しなくていい

ファミリーの家には当たり前のようにある、お風呂のふた。

あれ、一人暮らしの家にはないんです。

独りしか入らないんだから、湯ぶねのお湯を保温しておく必要もないわけで、お風呂のふたもいりません。

おそうじしなきゃいけないモノも一つ少ないわけです。

いいじゃん。

ならば、ファミリーの家のお風呂のふたも、なくていいんじゃないでしょうか?

しかしながら。

ここで一家の主婦なら誰でも思うわけです。

お風呂のふたがないとガス代がぁ!と思うその前に

そこで、そうじの面倒さ(≒汚さ)と沸かし直すガス代とを天秤にかけてみましょう。

私はこのように割り切っています。

沸かし直しのガス代は、面倒や汚さを回避するための必要経費楽するための代償
割り切れないですか?
これはどうでしょう。
冬の寒ーーい時に、冷たーーいお風呂場で、お風呂のふた洗うの辛くないですか?
寒くてそうじを怠けて、カビが生えたら!
カビキラーに目をシバシバさせながら、寒ーーいお風呂場でゴシゴシブラシですよ。
とにかく寒いのイヤダ!
と感じるならば
お風呂のふたがないことで余計にかかるガス代は、暖房費みたいなもん
それでも毎晩旦那さんの帰りが遅く、
「自分は子どもと一緒に6時に入るけど、旦那は23時。ふたがなかったら完全に水になってるし、毎晩水から沸かし直すとか、ガス代が怖すぎる!」という人や、
「そうじ面倒、汚いのもイヤ、ガス代も節約したい。」というディーバ並みのワガママな人はどうすればいいのでしょう?

風呂のふたの代わりに断熱シートを、浮かべよう!

これです。

楽天

お風呂専用のシートも売っています。

楽天

これを湯船の形にぴったり切って、浮かべます。

これは、「風呂のふたを使ってもお湯が冷めるよ、ガス代かかるよケシカラン!」という倹約家のワザで、本来はお風呂のふたと両方使うそうです。

マメですねー。

私の義父母のことです。

儀実家に泊まった時に、お風呂場でコレを見て「ほう!」と思った次第。

お風呂のふたの代わりに断熱シートがいい理由3つ

1.断熱シートなら、軽いしペラペラなのでお風呂場から引き上げてベランダに干しておけばカビたりヌルヌルしたりしないです。
2.ただでさえ狭いお風呂場をお風呂のふたが占拠することもないでしょう。
3.汚くなった場合も、捨てるのも買うのも簡単。
お風呂のふたは大型ゴミですよね。捨てるのひと手間かかります。
買うのにあれこれ迷うのも疲れます。
買って気に入らないからって、パッと捨てられるモノでもないし。

お風呂のふたに時間とお金と労力をかける趣味、私にはありません。

お風呂のフタを捨てれば、

そうじするモノが一つ減って
お風呂場に置くモノが一つ減って
イライラが一つ減って

時間とちょっと余裕の空間と、心のゆとりが手に入ります。

お試しください。

お風呂掃除が超楽になるシリーズ

ズボラが考えた超簡単お風呂掃除のワザ、ご覧ください。

お風呂の排水口の掃除は超簡単1ステップ10秒!便利グッズも不要!
お風呂の排水口のふた、いらない|ずほらミニマリストが〇〇から学ぶ
バスマット、いらない|楽したいから始まるずぼらミニマリスト