米麹で作る甘酒|炊飯器も魔法瓶も使わない!まぜて冷蔵庫に入れるだけ

甘酒大好き!けれど、
温度管理がめんどうで作る気になれない→酒粕で作る甘酒に甘んじている私に朗報が。

タッパーに、ご飯と水と米麹を混ぜまぜして、冷蔵庫で3週間放置するだけ!という超簡単な甘酒のレシピをクックパッドで見つけました!

甘酒 混ぜるだけの長時間冷蔵発酵

一切火を通さないので、酵素ドリンクを作りたい方にもおすすめです。
砂糖なしでできる酵素ドリンク、めちゃくちゃ甘いですよ~。

冷蔵庫に入れとくだけ、温度管理不要の甘酒の作り方

さっそくやってみました。

材料・道具

  1. 炊き立てのご飯 300g
  2. 水 500g
  3. 米麹 200g
    (スーパーで購入のみやここうじ)

米麹は「みやここうじ」を使いました。
気軽に買えて、保存も簡単な乾燥麹です。
Amazonでは4つセット売りです

スーパーで売っています。
お豆腐・お漬物コーナーあたりに置いてありますよ。

道具は、下の3つだけ。

  1. 大き目のタッパー(20×28㎝を使用)
  2. 量り
  3. しゃもじ

作り方

1.タッパーに、炊き立てのご飯300gを入れます。

2. 500gの水を加えます。

3.タッパーにフタをして、冷めるまで放置します。(今回は30分放置しました)

3.袋に入った状態のみやここうじを手でよくほぐしてから、タッパーに投入。

4.ご飯とこうじを、しゃもじでザクザクと切るようにほぐしながら、よく混ぜます

5.フタをして、冷蔵庫へ。

4日おきに混ぜ、3週間。(でも、2週間でできました)
混ぜる日を忘れないように、ホワイトボード用のペンで冷蔵庫に直接メモ

なんのコツもありません。混ぜて冷蔵庫に入れておくだけ。チョー簡単です。

4日目、かきまぜるついでに味見してみると…すでにほんのり甘い!やったー。

やってみてわかった注意点

タッパー・しゃもじは、よく洗って熱湯をかけて消毒してください。

●結構な量になります。
特大タッパーを用意するか、材料を半分にして作ってみてください。
私は、はじめ15×20㎝のタッパーを使いましたが、ご飯と水だけで満タンになってしまい、急きょ、20×28㎝のタッパーに移し替えました。

●出来上がったら、ハンドブレンダーでなめらかに。甘味も激増します。

●色々な条件が重なって、甘くなるまでの日数はさまざまです。
甘いのを通り越してすっぱくなる場合も!4日ごとにかきまぜるたびに味見してください。

冷蔵庫放置&ハンドブレンダーで夢の甘酒ができるまで

クックパッドのレシピでは3週間で完成だったのですが、勘違いして2週間設定。

2週間&ハンドブレンダーにかけるまでの味の変化は次のとおりです。

4日目:かきまぜるついでに味見。
すでにほんのり甘い!やったー。

8日目:変化なし。んん?クックパッドでは「1週間ですごく甘くなりました!」というつくれぽがあり、不安になる。

12日目:変化なし。気のせいか酸味が。
このままアルコールになってお酢になってしまうのかと絶望気味。

2週間後:前回よりかなり甘くなって、絶望から立ち上がる。
しかし、期待してたほどでもない。
ご飯はすっかり分解された様子だが、米麹のつぶつぶはしっかり残っている。

トロリとなめらかな甘酒にしたくて、ハンドブレンダーにかける。

おいしそー。見た目も大切だね。

飲んでみました。

あっまーーーーーい。

劇的に甘くなりました。
なぜかわかりません。

ハンドブレンダー、必須です。

我が家はブラウン一筋、2代目です。
初代は13年使って壊れました。

楽天

冷蔵庫で2週間&ハンドブレンダーで、トロリとなめらかで甘~い、夢の甘酒ができました!

※2017年2月28日追記
その後さらに1週間、かきまぜることなく放置し、冷蔵庫に入れてから3週間後...

酸味がぁー。甘いけど酸味がぁーーー。
生きている飲み物、甘酒。

なんでも、甘味をエサにして今度は乳酸菌が増えてくるらしいです。
乳酸菌も体にいいし、と自分に言って聞かせてみる...

これ、酵素ドリンクだ。酵素が生きてる生の甘酒

火入れはもちろん、温めたことすら一度もない甘酒です。

なので、熱に弱い酵素もめっちゃ生きてる甘酒です。

砂糖なしでできる、甘くておいしい酵素飲料。生の甘酒、すごいね。

酵素ドリンクマニアの人にも、おすすめできますね!

甘酒が甘酒になるわけ

麹菌に含まれるアミラーゼという酵素により、お米のでんぷんが糖化され、甘味となるそう。

この酵素は70℃以上になると、壊れて働かなくなります。

炊き立てのご飯に水を入れてさますという過程の理屈がわかりますね。

ちなみに、麹菌そのものは50℃で死滅するそうです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。

甘酒の作り方(男の酒肴)
醸造技術の花形「米麹」(男の酒肴)

つぎはさらに簡単な作り方をためしてみたい

ご飯抜き、米麹と水だけで作る、「うすづくり」という方法があります。

皆さんのレシピを見ると、こだわりの生麹をお取り寄せしている人が多いです。

敷居が高いなあ。それに私、いただいた生麹にカビを生やしてしまった前科がー。

なので、究極に簡単・お手軽に、水とみやここうじを混ぜて冷蔵庫で3週間放置製法でやってみたいと思います。

おいしくできたらいいなあ。